炭素原子数が2つのもの「アセトアルデヒドCH3CHO」「ジメチルエーテルCH3OCH3」「アセトンCH3COCH3」「酢酸CH3COOH」「エチレンH2C=CH2」

098vgKNWHGvDZ
次の物質のうち
1分子中の炭素原子数が
2つのものを全て選びなさい
アセトアルデヒド(答) CH3CHO
ジメチルエーテル(答) CH3OCH3
アセトン CH3COCH3

酢酸(答)CH3COOH
エチレン(答)H2C=CH2
エタノール(答)C2H5OH
ホルムアルデヒド HCHO

アセトアルデヒド (acetaldehyde) は、アルデヒドの一種で、示性式は CH3CHO。IUPAC命名法では エタナール (ethanal) ともいい、他に酢酸アルデヒド、エチルアルデヒドなどの別名がある。自然界では植物の正常な代謝過程で産生され、とくに果実などに多く含まれている。また人体ではエタノールの酸化によって生成し、一般に二日酔いの原因だと見なされている。産業的にも大規模に製造され、その多くが酢酸エチルの製造原料として使われている。
独特の臭気と刺激性を持ち、自動車の排気やたばこの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質でもある。
引用元: アセトアルデヒド – Wikipedia.

ジメチルエーテル (dimethyl ether) は、エーテルの一種で最も単純なもの。DME と略称され、IUPAC組織名ではメトキシメタン (methoxymethane) とも呼ばれる。
スプレー噴射剤などとして使われるほか、灯油に近い燃焼特性と液化石油ガス (LPG) に近い物性を持つため、近年の原油価格高騰の中、中国などを中心として、LPG代替の民生用都市ガス原料(プロパンに20%配合)や自動車用・産業用燃料の実用化が進んでいる。
>組成式は C2H6O、示性式は CH3OCH3 で、分子量は 46.07 である。
低温でメタノールを硫酸などで脱水すると得られ(メタノール脱水法)、物性もメタノールに近い。
引用元: ジメチルエーテル – Wikipedia.

アセトン (acetone) は有機溶媒として広く用いられる有機化合物で、もっとも単純な構造のケトンである。示性式 CH3COCH3、IUPAC命名法では 2-プロパノン (2-propanone) と表される。両親媒性の無色の液体で、水、アルコール類、クロロホルム、エーテル類、ほとんどの油脂をよく溶かす。蒸気圧が20℃で24.7 kPaと高いことから常温で高い揮発性を有し、強い引火性がある。ジメチルケトンとも表記される。
引用元: アセトン – Wikipedia.

アルデヒド (aldehyde) とは、分子内に、カルボニル炭素に水素原子が一つ置換した構造を有する有機化合物の総称である。カルボニル基とその炭素原子に結合した水素原子および任意の基(-R)から構成されるため、一般式は R-CHO で表される[1]。任意の基(-R)を取り除いた部分をホルミル基(formyl group)という(高校化学ではアルデヒド基と呼ぶこともある)。アルデヒドとケトンとでは、前者は炭素骨格の終端となるが、ケトンは炭素骨格の中間点となる点で異なる。多くのアルデヒドは特有の臭気を持つ。
引用元: アルデヒド – Wikipedia.

ケトン (ketone) は R−C(=O)−R’ (R, R’ はアルキル基など)の構造式で表される有機化合物群。身近な物質の中では、除光液として用いられるアセトン (R, R’ が -CH3の場合) が代表例である。
R または R’ が水素原子であるときは、アルデヒドという。環状不飽和炭化水素のパラ位がカルボニル基になっているものはキノンと呼ばれる。
引用元: ケトン – Wikipedia.

カルボン酸(カルボンさん、carboxylic acid)とは、少なくとも一つのカルボキシ基(−COOH)を有する有機酸である[1]。カルボン酸の一般式はR−COOHと表すことができ、Rは一価の官能基である。カルボキシ基(carboxy group)は、カルボニル基(RR’C=O)とヒドロキシ基からなる官能基で、化学式は-C(=O)OHになるが、慣例的に-COOH または -CO2Hと書かれる[2]。
引用元: カルボン酸 – Wikipedia.

化学においてのアルコール(蘭/英: alcohol[† 1][† 2])とは、炭化水素の水素原子をヒドロキシ基 (-OH) で置き換えた物質の総称である。芳香環の水素原子を置換したものはフェノール類と呼ばれ、アルコールと区別される。
最初に「アルコール」として認識された物質はエタノール(酒精)である。この歴史的経緯により、一般的には単に「アルコール」と言えば、エタノールを指す。
引用元: アルコール – Wikipedia.

エーテル (ether) は有機化合物の分類のひとつで、構造式を R−O−R’(R, R’ はアルキル基、アリール基などの有機基、O は酸素原子)の形で表される化合物を指す。また、エーテルに含まれる −O− の部分をエーテル結合という。また、溶媒としてのジエチルエーテルを単にエーテルということも多い。ジエチルエーテルが発見された際に、その高い揮発性を「地上にあるべきではない物質が天に帰ろうとしている」と解釈されたことから、古来天界の物質として考えられていたエーテルの名を援用して名付けられた。
引用元: エーテル (化学) – Wikipedia.