「オンコジーン」Oncogene 発癌遺伝子 腫瘍遺伝子

023nNBzutRjop
ヒトの細胞にも存在する
発がん遺伝子
オンコジーン
oncogene

Oncogenes_illustration
File:Oncogenes illustration.jpg – Wikimedia Commons.
Oncogene – Wikipedia, the free encyclopedia.

がん遺伝子(-いでんし、oncogene)とは、ある正常な遺伝子が修飾を受けて発現・構造・機能に異常をきたし、その結果、正常細胞のがん化を引き起こすようなもののことをいう。このとき、修飾を受ける前の遺伝子をがん原遺伝子 (proto-oncogene) と呼ぶ。
>1911年に、ペイトン・ラウスにより、ニワトリに癌(肉腫)を発生させるウイルスが発見され、発見者の名をとりRous=ラウス肉腫ウイルス(レトロウイルス)と命名された。その後の研究により、このウイルスには、自身の増殖に関する遺伝子以外に、細胞を癌化に導く遺伝子が存在することが判明した。その遺伝子こそが、世界で初めて発見された、がん遺伝子=Src(Sarcoma〔肉腫〕の意味)と呼ばれるものである。
引用元: がん遺伝子 – Wikipedia.

オンコジーン【oncogene】

腫瘍(しゆよう)をつくる情報を担っている遺伝子。サーク遺伝子・ラス遺伝子などに分けられる。腫瘍遺伝子。
引用元: オンコジーン(オンコジーン)とは – コトバンク.

An oncogene is a gene that has the potential to cause cancer.[1] In tumor cells, they are often mutated or expressed at high levels.[2]

Most normal cells undergo a programmed form of rapid cell death (apoptosis). Activated oncogenes can cause those cells designated for apoptosis to survive and proliferate instead.[3]
引用元: Oncogene – Wikipedia, the free encyclopedia.