コンスタンチン・「ノボセロフ」 2010アンドレ・ガイムと共にノーベル賞「グラフェン」 アンドレ・ガイム「ノーベル賞・イグノーベル賞」現在唯一の双方受賞者

327bkHLGudxVC
2010年にノーベル物理学賞を
受賞した2人の科学者は
アンドレ・ガイムと
コンスタンチン・◯◯◯◯◯?
フボセノロ
→ノボセロフ
「コンスタンチン・ノボセロフ」

○×
ノーベル賞とイグノーベル賞の両方を受賞した科学者がいる
◯ アンドレ・ガイム

コンスタンチン・ノボセロフ (コンスタンチン・セルゲーエヴィチ・ノヴォショーロフ 露: Константин Сергеевич Новосёлов:ロシア人;1974年8月23日 – )はイギリス在住のロシア人物理学者である。アンドレ・ガイムとのグラフェンの研究で有名である。この研究で両人は2010年ノーベル物理学賞を受賞した [1]。
引用元: コンスタンチン・ノボセロフ – Wikipedia.

スウェーデンの王立科学アカデミーは5日、今年のノーベル物理学賞を、英マンチェスター大のアンドレ・ガイム(51)、コンスタンチン・ノボセロフ(36)の両博士に贈ると発表した。授賞理由は「二次元物質グラフェンに関する革新的実験」。

 グラフェンは原子一つ分の厚みしかない炭素のシートで、50年以上前から研究されてきたが、安定した製法は見つかっていなかった。二人は2004年、鉛筆の芯の主成分でもあり、炭素原子が多層に重なったグラファイト(黒鉛)の薄片の両面にテープを張り付け、引きはがすという簡単な操作を繰り返してグラフェンを作った。

グラフェンは非常に強くてしなやかで、透明で電気をよく通し、常温での電子の移動速度はあらゆる物質の中で最も速い。近年、広いシートを作る方法も見つかり、iPadなどの携帯端末にも使われているような透明なタッチパネル、太陽電池などへの応用が期待されている。半導体の性質も持ち、超高速トランジスタへの応用も可能だ。

 ガイム博士は00年、カエルを生きたまま磁力で浮かせる実験で、人を笑わせ、考えさせる科学研究に贈られるイグ・ノーベル賞を受賞。「表」「裏」二つのノーベル物理学賞を受ける初のケースになった。
引用元: asahi.com(朝日新聞社):ノーベル物理学賞に英大の2博士 炭素新素材グラフェン – ノーベル賞.

。2010年に「炭素新素材グラフェンに関する革新的実験」でノーベル物理学賞を受賞した、ロシア生まれのオランダ人物理学者のアンドレ・ガイム博士。2000年に「カエルの磁気浮上」でイグ・ノーベル賞も受賞しています。現在まで唯1人の両賞受賞者、気になる研究のさわりをご紹介します。
>「神が作った材料」とも「世界を変える素材」とも呼ばれるグラフェン。その存在は50年以上前から知られており、理論的な研究例もありましたが、「どうやって取り出すか」はほぼ手つかず。「鉛筆の芯などに使われるグラファイトから1層だけ剥離すれば」と考えても、「物性の不安定さから困難」というのが常識でした。

 ところが、ガイム博士とパートナーのコンスタンチン・ノボセロフ博士の2人は、グラファイトの塊にセロファンテープをくっつけ、剥がしたものをシリコン基板に押しつけることを繰り返して「世界一薄い素材」の抽出に成功。「驚嘆すべき容易な方法!」と称賛され、「剥がして遊んでいるうちに、ほとんど偶然に」という説もありますが、まさにコロンブスの卵的発見でした。
引用元: ノーベル賞とイグ・ノーベル賞を両方受賞した人っているの? | THE PAGE(ザ・ページ).