「人間の耳の音伝達順」(外耳)「外耳道」(中耳)「鼓膜」(内耳)「耳小骨」「聴神経」

118MWDgdqCvnA
次の人間の耳の中の部分を
音の刺激が伝わる順に選びなさい
外耳道
鼓膜
耳小骨
聴神経

ear_img
耳のしくみ|ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」.
800px-Anatomy_of_the_Human_Ear_ja.svg
ファイル:Anatomy of the Human Ear ja.svg – Wikipedia.

線結び
次の人間の耳にあるものと
それが位置する部分の
正しい組み合わせを選びなさい
耳殻───外耳
耳小骨───中耳
蝸牛───内耳

耳(みみ)は、動物の器官の1つで、音を適刺激とする感覚器であると同時に、重力の向きと加速度を適刺激とする感覚器でもある。一般に、聴覚にとって重要な器官として広く認知されているが、聴覚以外にも平衡覚と回転覚を感知しているため、合わせて平衡聴覚器とも言う[1]。
引用元: 耳 – Wikipedia.

耳は大きく分けて、次の3つの部分から成り立っています

外耳(耳介~外耳道)
中耳(鼓膜~アブミ骨底)
内耳(蝸牛、三半規管)
耳は耳介から入ってきて外耳道を通り、鼓膜からツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨という小さい3つの骨を伝わりながら増幅されます。そして、内耳の蝸牛に伝わり、音の高低や強弱を分析します。その後さらに聴神経から大脳に伝わり、大脳で「音」として認識されます。
引用元: 耳のしくみ|ワイデックスがお届けする難聴と補聴器の総合サイト「みみから。」.