「シロナガスクジラ」最も大きい音をだす動物

263gKApDQRpHv
ギネスが認める
最も大きい音を出す動物は
シロナガスクジラである

シロナガスクジラ(白長須鯨、Balaenoptera musculus)は、鯨偶蹄目ナガスクジラ科ナガスクジラ属に属するクジラの1種である。
現存する最大の動物種である[1]だけでなく、かつて地球上に存在した確認されている限りの恐竜や動物を含めても、あらゆる既知の動物の中で最大の種であり、記録では体長34メートルのものまで確認されている。
長身であることを指して、江戸時代にはナガスクジラとともに「長須鯨」と呼ばれた。「白」を冠した現在の和名は、浮かび上がる際に水上からは白く見えることに由来する。 英語では一般に blue whale (ブルー・ホエール)と呼ぶが、腹側に付着した珪藻によって黄色味を帯びて見えることから sulphur bottom (「硫黄色の腹」)の異称もある。
>シロナガスクジラは最も大きな鳴き声をあげる動物種でもある。低周波の大きなうなり声を発し、音量は180ホンを超えることもある。この鳴き声により個体間のコミュニケーションを行っており、150km以上先の相手とも連絡をとる事が出来る。
天敵はヒトとシャチ以外には殆どいない。
引用元: シロナガスクジラ – Wikipedia.

12月6日は【音の日】です。
1877年のこの日、トーマス・エジソンが自身の発明した蓄音機で音を録音・再生することに成功したことを記念して制定されました。

今週は、音関連のギネス世界記録をご紹介します。
まずご紹介するのは、動物による最も大きな音の記録です。それは、シロナガスクジラとナガスクジラが互いにコミュニケーションを図る際の低周波パルスで、188デシベルに達します。自動車のクラクションが110デシベル、ロックコンサートが120デシベルですので、188デシベルは人間の鼓膜が破れてしまうほどの音量だそうですよ。
引用元: 「音の日」にちなんだ記録/今週のギネス世界記録.