「原子説」ジョン・ドルトン イギリス 「分子説」アメデオ・アボガドロ イタリア

028KTZpnNeaDE
1803年に原子説を提唱した
化学者はイギリスの
ジョン・ドルトンである

×アメデオ・アボガドロ


1811年に分子説を提唱した
化学者はイタリアの
アメデオ・アボガドロである

×ジョン・ドルトン

ジョン・ドルトン(John Dalton, 1766年9月6日 – 1844年7月27日)は、イギリスの化学者、物理学者ならびに気象学者。原子説を提唱したことで知られる。また、自分自身と親族の色覚を研究し、自らが先天色覚異常であることを発見したことによって、ドルトニズムの語源となった。
>ドルトンの研究の中でも最も重要とされているのは、化学的原子説である。彼が原子説に到達したのは、エチレンとメタンの研究または亜酸化窒素と二酸化窒素の分析が元になったという説があるが、どちらもトーマス・トムソンの権威によっている。しかし、Lit & Phil のドルトンの実験室で発見されたノートの分析により[3]、倍数比例の法則が何故成り立つのかを考える過程で、一定の質量比率の原子の相互作用によって化学反応が起きているという考え方に到達した、すなわち、大気や他の気体の物理特性を研究する過程で純粋に物理的概念として原子説の考え方に至ったと断定された。
引用元: ジョン・ドルトン – Wikipedia.」

アメデオ・アヴォガドロ(イタリア語:Conte Lorenzo Romano Amedeo Carlo Avogadro di Quaregna e Cerreto、1776年8月9日 – 1856年7月9日)は、サルデーニャ王国(現:イタリア)トリノ出身の物理学者、化学者。分子の研究に貢献し、1811年に発見した同圧力、同温度、同体積の全ての種類の気体には同じ数の分子が含まれるアボガドロの法則で名高い。
>「同温同圧のもとでは、全ての気体は同じ体積中に同数の分子を含む」というのがアボガドロの法則の基本的な内容である。1811年当時、物質が原子から構成されると主張する原子論はほとんどの化学者に共通の認識となっていた。1803年にイギリスの化学者、物理学者のジョン・ドルトンが原子量を初めて公開しており、近代的原子論が確立された直後であった。ドルトンは一種類の元素からなる気体は原子から構成されると信じていた。
引用元: アメデオ・アヴォガドロ – Wikipedia.