塗りつぶしあり「雷」「みぞれ」「ひょう」 ◯の中にS「ちり煙霧」矢印あり「地ふぶき・砂塵嵐」

011ExGNArt
次の天気を表す
日本式の天気記号のうち
塗りつぶす部分があるものを
全て選びなさい
みぞれ(答)
あられ
雷(答)
50%
cZWycXA
引用元:天気のヒミツ http://weather-ignorance.jp/04-tenkizu.html

066ZQRFEDgrpp
この記号で表される天気は?
(画像出題 ◯の中に「S」)
きち霞ぶふ
霧地濃煙り
→ちり煙霧

1098yPoAxVSqYX
CIMG8571xStmVaTTquxK
次の天気を表す
日本式の天気記号のうち
矢印が含まれるものを
全て選びなさい
×煙霧───◯中に∞
×ちり煙霧───◯中にS
◯地ふぶき───◯中に↑と→
◯砂塵嵐───◯中にSと→

CIMG6400
次のうち
日本の天気記号で
丸の右下に添えて用いる
カタカナを全て選びなさい
ニ◯「にわか雨、にわか雪」
×タ
キ◯「霧雨」
ツ◯「雨強し、雪強し、雷強し」

✕ユ
✕ハ


次のうち日本の天気図記号にあるものを全て選びなさい
雨強し
雪強し
雷強し
✕風強し
✕霧強し

一問多答
次のうち日本の気象庁が発表する「気象注意報」にあるものを全て選びなさい
→大雨注意報
→大雪注意報
→低温注意報
→乾燥注意報
✕小雨注意報
✕みぞれ注意報
✕台風注意報

協力多答
次のうち気象庁が発表する警報の種類にあるものを1人1つ選びなさい
→大雨警報
→洪水警報
→暴風警報
→大雪警報
✕雪崩警報
✕山火事警報
✕大嵐警報
✕竜巻警報

ちり煙霧(塵煙霧、-えんむ)とは、煙霧のうち、塵や砂ぼこり、火山灰などの小さな粒子が風で飛ばされ、空気中に浮遊した状態を指す。黄砂によって観測されることが多い。気象学では、視界(視程)が2キロメートル未満となり、ほかの気象現象を確認できないときに用いられる。
250px-Japanese_Weather_symbol_(Dust_haze).svg
引用元: ちり煙霧 – Wikipedia.

吹雪(ふぶき)は、降雪中の雪や積雪した雪が、強い風によって空中に舞い上げられて、視界が損なわれている気象状態のこと。降雪がない場合には地吹雪(じふぶき)と呼ばれる。降雪がある場合でも、空中に舞っている雪の大部分は積もった雪に由来するものである。
>日本式天気図の天気記号では、地吹雪により視程が1km未満になっているときに限り、天気が地吹雪とされる。吹雪の場合には降雪があることを優先するので雪とされる。ただし、雷を伴う場合は優先順位によりこれと異なることがある。
250px-Japanese_Weather_symbol_(Blowing_snow).svg
引用元: 吹雪 – Wikipedia.

砂嵐(すなあらし、英: sandstorm)または砂塵嵐(さじんあらし、duststorm)とは、塵や砂が強風により激しく吹き上げられ、上空高くに舞い上がる気象現象。空中の砂塵により、見通し(視程)が著しく低下する。砂漠などの乾燥地域において発生する。
>日本では、「塵または砂」が強風により空中高く舞い上がっていて、視程1キロメートル(km)未満のときに天気を「砂じんあらし」(記号 Japanese Weather symbol (Dust storm or Sand storm).svg)とする[7][8]。
250px-Japanese_Weather_symbol_(Dust_storm_or_Sand_storm).svg
引用元: 砂嵐 – Wikipedia.