「ゾウアザラシ」も「ヒョウアザラシ」もいる 「みなぞう」ミナミゾウアザラシ「新江ノ島水族館」のアイドル ゾウアザラシ属「キタゾウアザラシ」「ミナミゾウアザラシ」

077gHTrdxIgTk
「ゾウアザラシ」がいるように「ヒョウアザラシ」もいる
◯(答)

285jDyFzYtoef
2005年に死亡した
「新江ノ島水族館」の
アイドル的存在だった
ミナミゾウアザラシの名前は?
なうけぞは
したすみん
→みなぞう

タイピング
南極付近に棲息することとその特徴的な鼻から命名された、最大のゾウアザラシは〇〇〇〇〇アザラシ?
ミナミゾウ
「ミナミゾウアザラシ」

みなぞう(美男象、推定1993年- 2005年10月4日)は、神奈川県藤沢市にある江の島水族館・新江ノ島水族館で飼育されていた雄のミナミゾウアザラシである。
>1994年(平成6年)後半にウルグアイのロボ島で推定1歳の幼獣として捕獲され、1995年(平成7年)3月11日より当時の江の島水族館の海の動物園にて展示が開始された。名前は約1500通寄せられた公募により付けられた。1998年(平成10年)頃には体重が1000キログラムを超え、巨体にも拘らず愛嬌のある顔、バケツを前肢で抱えた姿や、「あっかんべー」「海苔巻き」「えびぞり」などのポーズや、前足で餌のバケツを抱えるなど、愛嬌あるコミカルなしぐさで人気を集め、案内板やグッズに使用されるなど同館のアイドル・シンボル的な存在だった。
>新江ノ島水族館開業後[編集]
末期の江の島水族館を代表する生き物となっていたみなぞう用に、新江ノ島水族館では大型のプールが宛がわれ、2004年(平成16年)4月の開館後は2頭のゴマフアザラシと悠々に暮らす「みなぞう」を間近で観ることができた。また、大型のミナミゾウアザラシが、当時一世を風靡していた格闘家 ボブ・サップの表情とどことなく似ている点も注目された。
引用元: みなぞう – Wikipedia.

ミナミゾウアザラシ(南象海豹、Mirounga leonina)はネコ目(食肉目)アシカ亜目アザラシ科ゾウアザラシ属に属するアザラシである
>ミナミゾウアザラシはアシカ亜目の中では身体が最も大きい種である。キタゾウアザラシよりも若干大きいが、ゾウアザラシの特徴である象鼻はキタゾウアザラシの方が大きい。 雄の体長は6.5m、体重は4tに達することがある。 雌は雄に比べてかなり小さく、身体の大きさに関する雌雄間の差は非常に大きい。 ハレムを形成する一夫多妻制である。強い雄は一繁殖期で40頭もの雌を妊娠させることができる。
引用元: ミナミゾウアザラシ – Wikipedia.

キタゾウアザラシ(北象海豹、Mirounga angustirostris)はネコ目(食肉目)アシカ亜目アザラシ科ゾウアザラシ属に属するアザラシである。 ゾウアザラシ属はキタゾウアザラシとミナミゾウアザラシの2種で構成される。
>キタゾウアザラシはアシカ亜目の中ではミナミゾウアザラシに次いで2番目に身体が大きい種である。ミナミゾウアザラシよりも若干小さいが、ゾウアザラシの特徴である象鼻はキタゾウアザラシの方が大きい。 雄の体長は平均3.8mであり、雌の平均である2.5mよりもかなり大きく、身体の大きさに関する雌雄間の差が非常に大きい。体重は雄が平均1,800kg、雌は平均650kg。[1] ハレムを形成する一夫多妻制であり、強い雄は一繁殖期で50頭もの雌を妊娠させることができる。
引用元: キタゾウアザラシ – Wikipedia.

ヒョウアザラシ(豹海豹、Hydrurga leptonyx)は、動物界脊索動物門哺乳綱ネコ目(食肉目)アザラシ科ヒョウアザラシ属に分類されるアザラシ。本種のみでヒョウアザラシ属を形成する。
>体長250-360cm。体重270-450kg。ナンキョクアザラシ族最大種。オスよりもメスの方が大型になる。体形は細長い。頭部は大きく、吻端は尖る。口は大きく、また開口角度も大きい。顎は頑丈で、鋭い牙が並ぶ。頸部は長い。背面は暗褐色、腹面は明色の体毛で覆われる。体側面や腹面には白や黒の斑点が入り、ヒョウの由来になっている。
引用元: ヒョウアザラシ – Wikipedia.