「ムギワラトンボ」 「シオカラトンボ」のメス その体色から

016NnardyfgEq
シオカラトンボのメスを
その体の色から俗に
「◯◯◯◯トンボ」という?
◯を答えなさい
ムギワラ
「ムギワラトンボ」

シオカラトンボ(塩辛蜻蛉、Orthetrum albistylum speciosum)は、湿地帯や田などに生息する中型のトンボである。日本全土のほか、ロシア(極東)、中国、韓国、台湾などに分布する。平地の湿地やため池にごく普通な種で、市街地などにも広く見られるため、日本では最もよく親しまれているトンボの一つである。
>雄は老熟するにつれて体全体が黒色となり、胸部から腹部前方が灰白色の粉で覆われるようになってツートンカラーの色彩となる。この粉を塩に見立てたのが名前の由来である。塩辛との関係はない。雌や未成熟の雄では黄色に小さな黒い斑紋が散在するので、ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)とも呼ばれる。稀に雌でも粉に覆われて”シオカラ型”になるものもあるが、複眼は緑色で、複眼の青い雄と区別できる。
引用元: シオカラトンボ – Wikipedia.

シオカラトンボ
Orthetrum albistylum

トンボ目トンボ科。体長 48mm内外。最も普通にみられるトンボで,雌をムギワラトンボ,雄が成熟して腹背に白粉を帯びたものをシオカラトンボというが,雌にもまれに白粉をもつ個体がある。体色は,雌および未熟の雄は黄褐色地に黒色斑をもつが,雄は成熟すると黒化し,腹背に白粉を生じる。
引用元: シオカラトンボ(シオカラトンボ)とは – コトバンク.