「フランジ」 強い雄オランウータンにある「頬だこ」 「フランジ」鉄道車輪の縁の脱線を防ぐ出っ張り「フリンジ」衣類・カーテンの房飾り

025HXXbbVRrwi
オランウータンのオスに
見られる、大きな「頬だこ」の
ことを何という?
フクセゴン
メルジマラ
フランジ(答)
Flange


レールから外れないように
鉄道車輪の車輪の縁に
設けられている出っ張りの
ことを何という?
ジドーンス
フパライグ
フランジ(答)

文字パネル
マフラー、ジャケット、スカートなどに見られる房飾りを英語で何と言う?
フリンジ(答)
fringe

フランジ(flange)とは、円筒形あるいは部材からはみ出すように出っ張った部分の総称。同じような形態ではあるがまったく異なる用途のものがいろいろあり、それぞれの分野で「フランジ」と呼ばれる。それぞれの分野の「フランジ」は相互にほとんど関連性はないが、つばのような形状をしている点では一致する。
>ランウータンのフランジ[編集]
オランウータンの群れの中で喧嘩の強い雄にだけ顔の周りに膨らみが存在するが、これもフランジ(頬胼胝とも)という。中身は脂肪やコラーゲンである。フランジを持った雄が死ぬか喧嘩で負けるかすると、次に喧嘩の強い雄が1年近くかけてフランジを発達させる。群れに混ざらず人間に単頭飼育されて大人になった雄は皆フランジを有する[1]。
引用元: フランジ – Wikipedia.

オランウータン(英語: Orangutan)は、哺乳綱サル目(霊長目)ヒト科オランウータン属(Pongo)に分類される構成種の総称である。
世界最大の樹上動物で、一生のほとんどを木の上で生活し、群れを作らず単独行動をする。[1]
>フランジ[編集]
フランジを持つオスのボルネオオランウータン
大人のオスが社会的地位に応じて、形態を大きく変えるという生態を持つ。
オスの顔の両脇にある張り出し(でっぱり)は「フランジ(Flange)」と呼ばれている(別名Cheek-Pad、頬だこ)。フランジは強いオスの「しるし」で、弱いオスは何歳になってもフランジが大きくならない。しかしひとたび強いオス(フランジがあるオス)がいなくなると、フランジのないオス(アンフランジ)が急激にフランジを発達させて、1年以内にフランジのあるオスに変わってしまう。
引用元: オランウータン – Wikipedia.

フランジ(flange)とは、円筒形あるいは部材からはみ出すように出っ張った部分の総称。同じような形態ではあるがまったく異なる用途のものがいろいろあり、それぞれの分野で「フランジ」と呼ばれる。それぞれの分野の「フランジ」は相互にほとんど関連性はないが、つばのような形状をしている点では一致する。
>鉄道車両の車輪の縁には脱線を防ぐための出っ張りが設けられており、これをフランジと呼ぶ。
鉄道の車輪におけるフランジは通常は右図に示すとおり、線路の内側にのみ設けられている。信号場などの分岐点では、このフランジが分岐部分の外側の線路(分岐器のポイント部)をこすることで進路を転換させている。
引用元: フランジ – Wikipedia.
Hunting_oscillation_section_ja_150px
引用元: ファイル:Hunting oscillation section ja 150px.gif – Wikipedia.