「秋海棠」シュウカイドウ 秋の「海棠」(海外からの梨) 「瓔珞(ようらく・荘厳具)草」

011lhpFOZplyg
別名を「ヨウラクソウ」と
いう花の美しい植物
秋海棠
シュウカイドウ

シュウカイドウ(秋海棠、学名:Begonia grandis)は、シュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)に分類される多年生草本球根植物である。和名は中国名「秋海棠」の音読み。ヨウラクソウ(瓔珞草)とも呼ばれる。
>なお、近年は同属の多くの種が持ち込まれ園芸用として栽培されており、それらは主に「ベゴニア」と呼ばれているが、本(亜)種は古くから定着していたため、ベゴニアとは呼ばれない。
引用元: シュウカイドウ – Wikipedia.

画像あり
シュウカイドウとは
園芸でよく親しまれている草花、ベゴニアの仲間です。中国からマレー半島にかけて自生する冬を越して毎年育つ草花で、地下に塊茎(球根)を持ちます。日本に渡来したのは1640年ころで、その後日本国内での伝播は早かったそうで、現在では元々日本にあった植物かのように野生化したものや庭園などでごくあたりまえに見ることができます。
引用元: シュウカイドウ(秋海棠)の育て方|ヤサシイエンゲイ.

カイドウ(ハナカイドウ)とは
カイドウの花
花中国原産の落葉樹で、庭木や鉢花、盆栽として親しまれています。リンゴの仲間で日本には江戸時代に入って来ました。漢字で書くと『海棠』です。棠は梨のことで、海棠とは海外から来た梨という意味です。中国では古く牡丹と並び称されて人気の高い花で美人を表す言葉でもありました。
引用元: カイドウ(ハナカイドウ)とは|ヤサシイエンゲイ.

瓔珞(ようらく)とは、装身具または仏堂・仏壇の荘厳具のひとつ。
古くはインドの貴族の装身具として用いられていたものが、仏教に取り入れられたもので、菩薩以下の仏像に首飾り、胸飾りとしてもちいられている。菩薩像に用いられる瓔珞は通常の装身具としての瓔珞が多いが、一部の像には髑髏や蛇などが用いられることがある。また、瓔珞は寺院や仏壇など天蓋などの荘厳具として用いられることがある。
引用元: 瓔珞 – Wikipedia.