「クラーク数」地殻を構成する元素比率数「おっしゃられて貸そうカマ」 地殻とマントル「リソスフェア」「アセノスフェア」「メソスフェア」「地殻」『リアルメンチカツ』 「コンラッド不連続面」「モホロビチッチ不連続面」「グーテンベルク不連続面」「レーマン不連続面」『不連続だと子どもがグレる』 「モホロビチッチ」クロアチア「グーテンベルク」アメリカ

007DraoRoY
地殻を構成する元素の
質量パーセントを示した数の
ことを「◯◯◯◯数」という?
ーアミラサ
イトクッス
クラーク(答)
「クラーク数」


次の元素を地殻に多く存在する順に選びなさい
ケイ素
アルミニウム

カルシウム
ナトリウム
「おっしゃられて貸そうカマ」:O(お)、Si、Al(しゃられ)、Fe(て)、Ca(か)、Na(そう:ソーダ)、K(か)、Mg(マ)

139frAzNFtKWS
次の地球内部の層を
地球の表面に近い順に
選びなさい
リソスフェア
アセノスフェア
メソスフェア
地殻

『リアルメンチカツ』

CIMG8569AVIEbiLenmAE (1)
次の不連続面と、その説明の
正しい組み合わせを選びなさい
コンラッド不連続面───地殻の花崗岩層と玄武岩層
モホロビチッチ不連続面───地殻とマントル
グーテンベルク不連続面───マントルと核
レーマン不連続面───外核と内核

順番当て
次の地球内部の境界面を地表に近い順に選びなさい
コンラッド不連続面
モホロビチッチ不連続面
グーテンベルク不連続面
レーマン不連続面

『不連続だと子どもがぐれる』

IMG_1107xbFCRRPKxJnM
CIMG2714
CIMG2715

地球内部の不連続面に名を残す
アンドリア・モホロビチッチは
クロアチアの地震学者ですが

べノー・グーテンベルクは
どこの国の地震学者?
ドイツ
デンマーク
アメリカ(答)
クロアチア

クラーク数(クラークすう、英: Clarke number)とは地球上の地表付近に存在する元素の割合を火成岩の化学分析結果に基いて推定した結果を質量パーセントで表したものである。一番多いのは酸素で、ケイ素、アルミニウム、鉄の順に続く。クラーク数は科学史上の学説の一つにすぎず[1]、今日では最新の調査結果に基づいている別の統計資料を利用することが望ましい[2]。
>ちなみにクラーク数順序の暗記法として「おっしゃられて貸そうかマ」:O(お)、Si、Al(しゃられ)、Fe(て)、Ca(か)、Na(そう:ソーダ)、K(か)、Mg(マ)で8番目まで覚えることができる。ついでに「提供は日立」:H(ひ)た、Ti(ち)で10番まで語呂合わせできる。
クラーク数 – Wikipedia

マントル(英語: mantle; 「外套」「覆い」の意)は惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。
地球型惑星などでは金属の核に対しマントルは岩石からなり、さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。
>地球のマントルと地殻の境界は、発見者の名からモホロビチッチ不連続面(略称モホ面)と呼ばれている。地震波がモホ面を通るときには密度の違いから速度が急変し角度によって屈折を起こす。地殻直下のマントルは物理的に地殻と一体化しているが、同時に、モホ面という境界が観測されるのである。密度の違いは地殻とマントルの物質組成が異なることによる。マントルの下面はグーテンベルク不連続面と呼ばれており、外核との境界になっている。
>また、マントルを力学性質から分類すると、上位から地殻と合わせてリソスフェア、アセノスフェア、メソスフェアに分類される。リソスフェアは地殻も含んだマントル上部の層で、温度・密度が低く、剛性も高い。その下面は60-100 kmの地点にある。リソスフェアはプレートテクトニクスにおけるプレートにほぼ相当する部分で、地表面を移動している。アセノスフェアはリソスフェアとメソスフェアの間にある層で、100-300 kmの間にある。地震波の低速度域であり、物質が部分溶融し、流動性を有している。低速度域のみがアセノスフェアとされるが、場合によっては下限を660 kmの面と考える説もある。メソスフェアはマントルの大部分を占め、高い剛性を有する固体と考えられている。
引用元: マントル – Wikipedia.

リソスフェアとは岩石圏とも呼ばれ、地球表面の地殻とマントル最上部の固い岩盤を併せた部分の総称です、プレートとほぼ同じ意味になります
リソスフェアを厚みで表現するのは難しいですが海の部分で数Kmから厚いところでは100Km近くあると考えられており陸のプレートでは厚く時に数100kmとされています、一般的には厚さは数10km程度になるという事です

リソスフェアの下にあるのがアセノスフェアです、高温かつ流動的な層を覆う板でこの流体層の存在によってプレート間の相対運動が可能になっています
引用元: リソスフェアとアセノスフェアはどう違いますか。 – リソスフェアは地殻とマント… – Yahoo!知恵袋.