「オオカミノアシ(狼の足)」日陰鬘(ヒカゲノカズラ)の別名 「陰性植物」カンアオイ、リュウノヒゲ、シャガ、ヤブラン、ドクダミ『陰りシャドー』

020gpfgBzPlEh
日本全国に分布する植物・
ヒカゲノカズラの別名です
オオカミノアシ

CIMG523539h7brV9TSSr
次の草花のうち
日陰でもよく育つ
「陰生植物」を
全て選びなさい
◯リュウノヒゲ
✕ススキ
✕カタクリ

◯カンアオイ
◯シャガ
◯ヤブラン
◯ドクダミ
✕タンポポ
✕ヨモギ

「陰性植物は陰りシャドー」
カンアオイ、リュウノヒゲ、シャガ、ヤブラン、ドクダミ

ヒカゲノカズラ(日陰鬘、日陰蔓、学名:Lycopodium clavatum)は、ヒカゲノカズラ植物門に属する代表的な植物である。蘿(かげ)という別称もある。広義のシダ植物ではあるが、その姿はむしろ巨大なコケを思わせる。
>日本では沖縄以外の日本に広く分布する。国外では世界の北半球の温帯から熱帯域の高山にまで見られ、分布は広い。そのため変異も多い。
名前の由来は日影の葛で、日なたに出ることを意識した名との説もあるが、よくわからない。日陰の葛と当てる場合もある。湿った日なたの傾斜地によく生えるが、あまり湿地には出ない。林道周辺などでよく見かける。
引用元: ヒカゲノカズラ – Wikipedia.

日陰の葛(ヒカゲノカズラ)はヒカゲノカズラ科ヒカゲノカズラ属の多年草である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の日当たりのよい場所に生える常緑シダ類である。
海外では、北半球の温帯、熱帯の高山などに広く分布する。
名は「日陰」だが、日当たりのよい場所を好む。
>属名の Lycopodium はギリシャ語の「lycos(オオカミ)+podion(足)」からきている。鱗片状の葉が密生した茎が狼の足に似ていることから名づけられた。
種小名の clavatum は「棍棒状の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Lycopodium clavatum
引用元: 日陰の葛(ヒカゲノカズラ) – 花図鑑.

Lycopodium clavatum (wolf’s-foot clubmoss, stag’s-horn clubmoss, or ground pine[1]) is the most widespread species in the genus Lycopodium of the clubmoss family Lycopodiaceae.
引用元: Lycopodium clavatum – Wikipedia, the free encyclopedia.