ケンタウルス座「オメガ星団」 いて座「オメガ星雲」

026nZsPYZXxwX
全天で最も明るい球状星団と
されるオメガ星団がある星座は?
はくちょう座
りゅう座
ペルセウス座
ケンタウルス座(答)

ですが
散光星雲の
オメガ星雲がある星座は?
いて座

ω星団(おめがせいだん、NGC 5139、Caldwell 80)は、ケンタウルス座にある大型の球状星団である。肉眼で見ることができる数少ない球状星団のうちでも最大級の物とされている。
>紀元前2世紀にトレミーが著書アルマゲストの中で、ケンタウルス座を形作る星の一つとして記録している。17世紀に入り、ヨハン・バイエルが著書ウラノメトリアの中で、この天体にω星のバイエル符号を与えたため、現在も「ω星団」と呼ばれている。
引用元: ω星団 – Wikipedia.

オメガ星雲[1] (M17、NGC6618) は、いて座に位置する散光星雲である。
>距離は約4,200光年。1746年にフィリップ・ロワ・ド・シェゾーによって発見された。実直径は約44×36光年。星雲の中にループ状の構造が見えることから、これをいろいろな物に見立てて、「オメガ星雲」「白鳥星雲」などいろいろな呼び名を持つ散光星雲である。
引用元: オメガ星雲 – Wikipedia.

星雲・星団
夜、空の暗いところで星を見ると、星星の間にぼんやりと小さな雲の様なものが見えます。これがいわゆる星雲です。
星雲には私たちの銀河系内にあるものと、銀河系の外にあるものにわけられます。銀河系内にあるものは星雲の形や、見え方により、散光星雲・散開星団・球状星団・惑星状星雲などがあります。また、外にあるものとしては、系外銀河があります。

星座
大昔から人間は夜空を見上げ、星と星を繋ぎ合わせていろいろなものを天空に描いてきました。世界各国でそれぞれ独自に星座は出来ましたが、現在では、プトレマイオスが北半球で見えるものを、ギリシャ神話にちなんだものを中心にまとめたものに、ラカイユやバイエルといった天文学者が南半球で見える星で星座を作って加え、88個の星座としたものが一般的に使われています。後で作られた星座には、「どうしてこの星の並びがそんなものに見えるのか?」と首を傾げたくなるような星座がよくあります。また、星座の星のつなぎ方や星座絵は決まったものが無く、星図や本などによってまちまちです。
引用元: 天文用語集~さ行.