「光周性」日照時間に反応する性質「光の周期」 「屈性」刺激を受け屈曲「傾性」一定方向へ曲がる「走性」一定方向へ移動

011JeZGbDRDPw
生物が、日照時間の長短に
対して反応する性質のことを
「◯◯性」という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
こうしゅう
「光周性」


植物体の一部が、外部からの刺激に対して一定の方向へ屈曲する性質を「○○」という?
くっせい
「屈性」

ですが
刺激の方向には関係なく一定の方向に曲がる性質は「○○」という?
けいせい
「傾性」

自由に運動できる生物が、外界の刺激に対し一定方向に移動・運動する性質は「○○」という?○の漢字をひらがなで答えなさい
そうせい
「走性」

光周性(こうしゅうせい)とは、昼の長さ(明期)と夜の長さ(暗期)の変化に応じて生物が示す現象である。北半球では、昼の長さ(日長)は夏至で最長となり、冬至で最短となる。生物は、このような日長変化を感知することで、季節に応じた年周期的な反応を行うと考えられている。
>光周性は、1920年にガーナー(Garner)(米)とアラード(Allard)(米)によって発見された。彼らは、同じダイズの種子を少しずつ時期をずらして蒔いたところ、それぞれ生育期間が異なるにもかかわらず、どの個体もほぼ同じ時期に花を咲かせることに気づいた。このことから、花芽の形成時期を制御している条件が、土壌の栄養状態や空気中の二酸化炭素濃度などではなく、日照時間(正確には明期の長さではなく暗期の長さ)であることを発見し、Photoperiodic Response (光周期的反応)としたのである。
引用元: 光周性 – Wikipedia.