ナス科「ホオズキ」「ベラドンナ」「チョウセンアサガオ」 有毒植物「トリカブト」「スイセン」「フクジュソウ(キンポウゲ科)」 コンフリー「ヒレハリソウ」 マンドラゴラ「恋なすび」 ベラドンナ「セイヨウハシリドコロ」 「ポトス」オウゴンカズラ「ディスキディア」フクロカズラ

046AHeeeoDXSk
次の植物を、属する科ごとに
グループ分けしなさい

キク科ナス科
チョウセンアサガオ
ベラドンナ
ガーベラ
ホオズキ

326vrwQnrGSRk
次のうち、毒を持つ
植物を全て選びなさい
トリカブト◯
アマチャヅル
ドクダミ
スイセン◯
フクジュソウ◯

076WcyXeONxRQ
ムラサキ科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名は「ヒレハリソウ」
根は下痢止めの薬に用いられる
チョウセンアサガオ
マンドラゴラ
トリカブト
コンフリー(答)


キンポウゲ科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
神経痛やリウマチの鎮痛薬に利用
主根は烏頭、側根は附子
トリカブト

連想
ナス科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名「セイヨウハシリドコロ」
イタリア語で「美しい淑女」
ベラドンナ

連想
ナス科の一年草
アルカロイドを含む有毒植物
華岡青洲が麻酔薬に用いる
別名「曼陀羅華」
チョウセンアサガオ

連想
ナス科の多年草
アルカロイドを含む有毒植物
別名は「恋なすび」
解熱・鎮痛薬として用いられた
マンドラゴラ

CIMG2855
次の植物と、それが属する科の
正しい組み合わせを選びなさい
ツキミソウ───アカバナ科
カスミソウ───ナデシコ科
フクジュソウ───キンポウゲ科

CIMG69209uzlSMmfL7
次の植物と、その和名の
正しい組み合わせを選びなさい
ガーベラ───オオセンボンヤリ
ダリア───テンジクボタン
ブーゲンビリア───イカダカズラ
127wjEyZOZFvz
次の植物と、その和名の
正しい組み合わせを選びなさい
ポトス───オウゴンカズラ
ブーゲンビリア───イカダカズラ
ディスキディア───フクロカズラ
CIMG7828aqfWjnkPWmJK
次の植物と、その和名の
正しい組み合わせを選びなさい
インパチェンス───アフリカホウセンカ
ガーベラ───アフリカセンボンヤリ
セントポーリア───アフリカスミレ

ゼラニウム───テンジクアオイ
パンジー───サンショクスミレ
アーティチョーク───チョウセンアザミ
ヒヤシンス───ニシキユリ
シクラメン───ブタノマンジュウ
ジギタリス───キツネノテブクロ

スロット
料理にレモンの風味をつける和名を「コウスイボク」というクマツヅラ科のハーブはレモン○○○○?
→バーベナ

アニメ『花の子ルンルン』の第1話にも登場する別名を「ビジョザクラ」というクマツヅラ科の花は?
→バーベナ

CIMG6397
植物の別名で
「ブタノマンジュウ」といえば
シクラメンですが
「ウマノアシガタ」といえば?
ジギタリス 「狐の手袋」
シクラメン 「豚の饅頭」
キンポウゲ(答)「馬の足形」
フリージア 「浅黄水仙」

有毒植物(ゆうどくしょくぶつ)とは、その全体あるいは一部に毒を持つ植物。毒草(どくそう)とも言うが、草本類だけでなく木本類も含めた言葉の厳密性から有毒植物という言葉が用いられる。植物に含まれる毒としてはアルカロイド類が多い。
>有毒植物のなかにはイチョウ(ぎんなん)やウメ、ジャガイモ、ワラビのように、有毒ながら処理法によって食料とされる種もある。薬草(薬用植物)のように、古くからその有効性がみとめられ薬用として利用されてきたものも少なくない。ただし薬草であっても、経験や理論によって見いだされた用法・用量を守らずに使うと毒となるので注意が必要である。
引用元: 有毒植物 – Wikipedia.

トリカブト(鳥兜・学名Aconitum)は、キンポウゲ科トリカブト属の総称である。
>トリカブトの仲間は日本には約30種自生している。花の色は紫色の他、白、黄色、ピンク色など。多くは多年草である。沢筋などの比較的湿気の多い場所を好む。トリカブトの名の由来は、花が古来の衣装である鳥兜・烏帽子に似ているからとも、鶏の鶏冠(とさか)に似ているからとも言われる。英名の”monkshood”は「僧侶のフード(かぶりもの)」の意。
>ドクウツギ、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つとされる[1]。
>俗に不美人のことを「ブス」と言うが、これはトリカブトの中毒で神経に障害が起き、顔の表情がおかしくなったのを指すという説もある[2]。
>比較的有名な有毒植物。主な毒成分はジテルペン系アルカロイドのアコニチンで、他にメサコニチン、アコニン、ヒバコニチン、低毒性成分のアチシンの他ソンゴリンなどを[3]全草(特に根)に含む。
引用元: トリカブト – Wikipedia.

アマチャヅル(甘茶蔓)とは、ウリ科アマチャヅル属に属するツル性の植物である。
>日本、中国、東南アジアに自生し、雌雄異株の植物。葉は通常5枚の小葉に分かれ、3枚から7枚に分かれることもあり、葉には毛と凹凸がある。見かけはヤブガラシに似るが色(ヤブガラシは茎が赤味がかる)が異なり柔らかい。
引用元: アマチャヅル – Wikipedia.

ドクダミ(蕺草、学名:Houttuynia cordata)はドクダミ科ドクダミ属の多年草。 別名、ドクダメ(毒溜め)、ギョセイソウ(魚腥草)、ジゴクソバ(地獄蕎麦)。
>加熱することで臭気が和らぐことから、日本では山菜として天ぷらなどにして賞味されることがある。日本において料理用のハーブとして用いられる事は無いが、葉を乾燥させてどくだみ茶を製造する事がある。これは一種のハーブティとして、麦茶のように飲まれる事が多い。どくだみ茶は商品化もされている。
引用元: ドクダミ – Wikipedia.

スイセン属(スイセンぞく、学名: Narcissus)は、ヒガンバナ科(クロンキスト体系ではユリ科)の属のひとつ。この属にはニホンズイセンやラッパズイセンなど色や形の異なる種や品種が多くあるが、この属に含まれるものを総称してスイセンと呼んでいる。
>有毒植物で毒成分はリコリン (lycorine) とシュウ酸カルシウム (calcium oxalate) など。全草が有毒だが、鱗茎に特に毒成分が多い。スイセンの致死量は10gである。食中毒症状と接触性皮膚炎症状を起こす。中毒は初期に強い嘔吐があり摂取物の大半が吐き出されるため症状が重篤に到ることは稀であるが、鱗茎を浅葱(あさつき)と間違えて食べ死亡した例がある。
引用元: スイセン属 – Wikipedia.

フクジュソウ(福寿草、学名:Adonis ramosa)は、キンポウゲ科の多年草。別名、ガンジツソウ(元日草)。毒草である。1月1日の誕生花。
>また、根には強心作用、利尿作用があり民間薬として使われることがある。しかし、毒性(副作用)も強く素人の利用は死に至る危険な行為である。薬理作用、毒性共にアドニンという成分によるものと考えられている。
引用元: フクジュソウ – Wikipedia.

ガーベラ (Gerbera) は、キク科ガーベラ属の総称。多年草。狭義にはアフリカセンボンヤリ Gerbera jamesonii をガーベラとすることがある。
>発見者であるドイツの博物学者ゲルバー(Traugott Gerber)の名前からとられた。
引用元: ガーベラ – Wikipedia.

ホオズキ(鬼灯、酸漿)は、ナス科ホオズキ属の多年草。またはその果実。カガチ、ヌカヅキとも言う。原産地は東南アジアで、近縁種が南欧やアメリカ大陸など温帯に自生している。主に観賞用や食用として栽培されるが、野生のものもある。
>ホオズキ (Physalis alkekengi var. franchetii) は多年草で、草丈は60cmから80cm位になる。淡い黄色の花を6月から7月ころ咲かせる。この開花時期にあわせて日本各地で「ほおずき市」が開催されている。中でも、7月初旬に開かれる東京浅草寺のものは江戸時代から続いており[1][2]、60万人にのぼる人出がある有名なものである[3]。
引用元: ホオズキ – Wikipedia.