出蛮美流

1832年に女性問題で数学者の
エヴァリスト・ガロアと決闘
をして、彼を殺した人物は
ペシュー・◯◯◯◯◯◯◯?
ルンルヴディバ
デルバンヴィル(答)
7%
d’Herbinville

エヴァリスト・ガロア(Évariste Galois, 1811年10月25日 – 1832年5月31日)は、フランスの数学者および革命家である。フランス語の原音(IPA: [evaʁist ɡalwa])に忠実に「ガロワ」と表記されることもある。

またアレクサンドル・デュマは回顧録において、ガロアは「民衆の友の会」の一員であるペシュー・デルバンヴィルという人物によって決闘で殺されたという一文を残している。これらの資料を基に、インフェルトはデルバンヴィルが決闘によってガロアを殺したスパイであったと記述している。だが、共和主義者の秘密結社に潜入していた警察側のスパイの正体は、1848年の2月革命の折に、そのスパイの1人であったルシアン・ド・ラ・オッドによって全て暴露された。その時、デルバンヴィルはフォンテーヌブロー城の管理という重要な役目を任されており、彼がスパイだったということはあり得ないとデュピュイは記している。
引用元:エヴァリスト・ガロア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AD%E3%82%A2

As to his opponent in the duel, Alexandre Dumas names Pescheux d’Herbinville,[14] who was actually one of the nineteen artillery officers whose acquittal was celebrated at the banquet that occasioned Galois’ first arrest.[21] However, Dumas is alone in this assertion, and if he were correct it is unclear why d’Herbinville would have been involved. It has been speculated that he was du Motel’s “supposed fiancé” at the time (she ultimately married someone else), but no clear evidence has been found supporting this conjecture. On the other hand, extant newspaper clippings from only a few days after the duel give a description of his opponent (identified by the initials “L.D.”) that appear to more accurately apply to one of Galois’ Republican friends, most probably Ernest Duchatelet, who was imprisoned with Galois on the same charges.[22] Given the conflicting information available, the true identity of his killer may well be lost to history.
引用元:Évariste Galois – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/%C3%89variste_Galois