Universal Natural History and Theory of the Heavens

「銀河系も、太陽系と同じように
多くの恒星が重力によって
回転している円盤である」
と提唱した著名な哲学者は?
カント(答)
ショーペンハウエル
デカルト
パスカル
34%

銀河系[注釈 1][7](ぎんがけい、英: the Galaxy)または天の川銀河[注釈 1][7](あまのがわぎんが、英: Milky Way Galaxy[7])は太陽系を含む銀河の名称である[7][8]。地球から見えるその帯状の姿は天の川と呼ばれる。

1000億の恒星が含まれる[7]棒渦巻銀河とされ[9]、局所銀河群に属している。

発見

ハーシェルが恒星の計数観測を元に描いた銀河系。中央やや左にある大きめの点が太陽系の位置を表す。
天の川が遠く離れた星々からなっているという説を最初に唱えたのは紀元前400年頃の学者デモクリトスである。その後、1609年にガリレオ・ガリレイが望遠鏡を使って天の川を観測し、天の川が無数の星の集まりであることを確認した。1755年にはイマヌエル・カントが、天の川も太陽系と同様に多くの恒星が重力によって円盤状に回転している天体であるとする説を唱えた。1788年にはウィリアム・ハーシェルが恒星の見かけの明るさを距離に対応づけることで恒星の3次元的な空間分布を求める計数観測を行い、天の川が直径を約6000光年、厚みを約1100光年の円盤状の構造であるとし、太陽がそのほぼ中心にあるとした。20世紀にはヤコブス・カプタインやハーロー・シャプレーによってより正確な銀河系の構造が求められ、また1958年にはヤン・オールトによって21cm線による電波観測がおこなわれ、これによって銀河系が渦巻銀河であることが明らかになった[10]。 
引用元:銀河系 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%80%E6%B2%B3%E7%B3%BB

Universal Natural History and Theory of the Heavens (German: Allgemeine Naturgeschichte und Theorie des Himmels), subtitled or an Attempt to Account for the Constitutional and Mechanical Origin of the Universe upon Newtonian Principles,[a] is a work written and published anonymously by Immanuel Kant in 1755.

According to Kant, the Solar System is merely a smaller version of the fixed star systems, such as the Milky Way and other galaxies. The cosmogony that Kant proposes is closer to today’s accepted ideas than that of some of his contemporary thinkers such as Pierre-Simon Laplace. Moreover, Kant’s thought in this volume is strongly influenced by atomist theory, in addition to the ideas of Lucretius.
引用元:Universal Natural History and Theory of the Heavens – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Universal_Natural_History_and_Theory_of_the_Heavens

前批判期の仕事
初期のカントの関心は自然哲学にむかった。特にニュートンの自然哲学に彼は関心をもち、『引力斥力論』などニュートンの力学(ニュートン力学)や天文学を受容した上でそれを乗り越えようとする論文を書いた。自然哲学においてはことに星雲による太陽系成立について関心を示した(星雲説)。そこでは銀河系が多くの恒星が重力により集まった円盤状の天体であると正しく推論している。また1755年のリスボン大地震から受けた衝撃で、地震の発生メカニズムに関する論文を書いている。そのメカニズム自体はその後誤りとされたが、地震を超自然によるものではなく自然によるものと仮定して考える先駆的な試みと考えられている。
引用元:イマヌエル・カント – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%8C%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88

In the Universal Natural History, Kant laid out the Nebular hypothesis, in which he deduced that the Solar System had formed from a large cloud of gas, a nebula. Kant also correctly deduced (though through usually false premises and fallacious reasoning, according to Bertrand Russell)[75] that the Milky Way was a large disk of stars, which he theorized formed from a much larger spinning gas cloud. He further suggested that other distant “nebulae” might be other galaxies. These postulations opened new horizons for astronomy, for the first time extending it beyond the Solar System to galactic and intergalactic realms.[76] According to Thomas Huxley (1867), Kant also made contributions to geology in his Universal Natural History.[citation needed]
引用元:Immanuel Kant – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Immanuel_Kant