「コンスタンティン・カラテオドリ」ドイツの数学者 『カラテオドリの原理』断熱変化ではエントロピーは減少せず

035bTMbSODJOt
次の文字列を順に選んで
測度論の研究で有名な
ドイツで活躍した数学者の
名前にしなさい
コン
スタンティン
カラテ
オドリ

空手踊り?

コンスタンティン・カラテオドリ(ギリシア語: Κωνσταντίνος Καραθεοδωρή, ラテン文字転写:Constantin Carathéodory, 1873年9月13日 – 1950年2月2日)はギリシアの数学者。測度論の研究で知られる。
>「任意の熱平衡状態の近傍には、断熱変化では到達不可能な状態が存在する」というカラテオドリの原理(定理とも)を提唱した。これは熱力学第二法則と等価な原理であり、またサイクルを用いない定式化でもある。この原理から、積分分母として温度を定義し、エントロピーの諸性質を導くことが出来る。
引用元: コンスタンティン・カラテオドリ – Wikipedia.

前回のプログでは、熱力学第2法則に関するいろいろな表現を挙げ、そのひとつとして、カラテオドリの原理を紹介した。すなわち、

「熱的系の任意の状態の近傍に、その状態から断熱変化によっては到達できない他の状態が存在する。」 : カラテオドリの原理

この原理は、分かりやすく言い換えると、「断熱変化ではエントロピーが決して減少しない。」と言うことを意味しているが、上に挙げた「カラテオドリの原理」は、物理学というよりも数学的な表現であることが特徴的である。
引用元: カラテオドリの原理と熱力学第2法則 ( 物理学 ) – 私書箱2006 – Yahoo!ブログ.