【打空】ナツアカネ【打水】アキアカネ

次のトンボを産卵方法ごとに
グループ分けしなさい
【打空産卵】ノシメトンボ
【打水産卵】アキアカネ
【植物組織内産卵】セスジイトトンボ
36%

ノシメトンボ(熨斗目蜻蛉、Sympetrum infuscatum)は アキアカネと並んでよく見られるアカネ属の普通種。日本全国に分布する。和名は成虫の腹部の黒い斑紋が熨斗目模様に似ていることに由来する。地方によっては「クルマトンボ」の俗称がある。

産卵は水のない池畔の草原や水田の稲穂の上などで、緩やかに飛びながら上下動を交えて卵を振り落とす連結打空産卵を行う。雌雄が連結したまま行うことが多いが、途中で連結を解いて雌の単独産卵に移行することもある。この場合は雄が上空でホバリングをしながら、または付近に静止して雌の産卵を警護をすることもあるが、長時間は持続しない。水のある場所には産卵しない。秋に産み落とされた卵はそのまま越冬し、翌春産卵場所が増水して水面が上昇し水没した環境下で孵化し幼虫となる。

本種は成熟個体であっても人間に対する警戒心が比較的薄いとされる。
引用元:ノシメトンボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C

卵は水底で冬を越し、翌春温度の上昇とともに孵化(ふか)して第1齢幼虫となる。幼虫は水中の小動物をとらえて食べ、9回ぐらい脱皮して成長、6月末には水辺の植物に登って羽化する。

 アキアカネによく似たナツアカネは夏にだけ現れるものでなく、アキアカネと同様に羽化して出るが、大移動をせず、おそらく樹林や低山地に移るものらしい。秋には鮮紅色となって水田などに現れ、雄雌連結したまま空中から放卵する(打空産卵)。
引用元:アカトンボとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C-24375

セスジイトトンボ(背筋糸蜻蛉、学名: Paracercion hieroglyphicum)は、トンボ目イトトンボ科の昆虫。

成熟したオスは縄張りをもち、時折その周囲を飛んでメスを探す。メスが見つかると、すぐに連結して植物に止まり交尾をする。産卵は、緩やかな流れがあるところで行われ、主に連結して水面付近の植物に産卵するが、メス単独で行われることもある。場合によっては、潜水産卵を行う。卵の期間は1-3週間で、幼虫の期間は2ヶ月から1年程度。冬には、幼虫の姿で越冬する。[2]
引用元:セスジイトトンボ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%B8%E3%82%A4%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%9C

ナツアカネ(夏茜、学名 Sympetrum darwinianum )はアカネ属のトンボの一種。日本全国に分布する。

産卵は空中から卵を振り落とす打空産卵で、水のない池畔の草原や水田の稲穂の上などで雌雄が連結して行うことが多いが、途中で連結を解いて雌の単独産卵に移行することもある。この場合は雄が上空でホバリングをしながら、または付近に静止して雌の産卵を警護をすることもあるが、長時間は持続しない。

近縁種
体格や体色は異なるものの、国内の種ではマダラナニワトンボと近縁。異種間連結・異種間交尾・産卵が観察されることがあり、稀に種間雑種を生じる。

なお、姿形が非常によく似ているアキアカネとは産卵の方式も異なっており、同属内であっても系統的にはそれほど近縁な種類ではない。
引用元:ナツアカネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8D

アキアカネ(秋茜、学名:Sympetrum frequens (Selys, 1883))は、トンボ科アカネ属に分類されるトンボの一種[1]。日本では普通に見られる。俗に赤とんぼと呼ばれ、狭義にはこの種だけを赤とんぼと呼ぶことがある。季節的な長距離移動がよく知られている。

産卵
成熟したオスは朝に草地や樹上でメスを探しながら飛び回り、日中には水辺の植物や地表に留まり縄張りを持ち、メスを見つけると捕まえて交尾を行う[11]。雌雄が結合したまま飛びまわり、稲刈りの終わった水田の水溜りのような産卵適所を探索する。このような浅い水溜りを発見すると、近くの草むらや地面で午前中から正午過ぎの間に[11]約10分ほど交尾を行い[12]、交尾が終了するとやはり雌雄がつながったまま水面の上に移動する。産卵は水面の上で上下に飛翔しながら雌が水面や水際の泥を腹部先端で繰り返し叩き、その度に数個ずつ産み落とす[11]。産卵が終わると雌雄は連結を解き飛び去り、夕方は単独行動を行うが朝になると再び雌雄が連結して生殖活動に移る。成虫は11月まで見られ、中には12月上旬まで生き延びるものもいる。

卵は水中や湿った泥の中で越冬し[1]、春に水田に水をはる頃になると孵化し、幼虫(ヤゴ)となる。卵の期間は約半年で、ヤゴの期間は3-6ヶ月程で1年1世代[注釈 2][1]。アキアカネのヤゴは、体は短めで、肢は比較的細長い。頭部は横長で複眼は前側方に突出している。ヤゴは田植え直後の水田に大発生するミジンコなどを活発に捕食して急速に大きくなり、初夏の夜にイネなどによじ登って羽化する。
引用元:アキアカネ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%8D