地球均衡【アイソスタシー】軽いものが上

地球の密度はマントルよりも
密度が小さい
◯(答)
56%

プレートテクトニクス
マントルの一部分
柔らかく流動的
岩流圏
リソスフェア
メソスフェア
アセノスフェア(答)
アイソスタシー
49%

プレートテクトニクス
地殻と上部マントルの一部
プレートの実態
岩石圏
インターフェア
アセノスフェア
リソスフェア(答)
メソスフェア

マントル(英語: mantle, 「覆い」の意)とは、惑星や衛星などの内部構造で、核(コア)の外側にある層である。

地球型惑星などでは金属の核に対しマントルは岩石からなり、さらに外側には、岩石からなるがわずかに組成や物性が違う、ごく薄い地殻がある。

物性
マントルの物性値は下表のようであるとされている。マントルの流動の研究には流体力学などが援用されるが、物性値のうち特に粘性の(通常の流体と比較したときの)特異性がCFDなどを用いた解析を困難なものにしている。

密度 3.3–5.6×103 kg/m3 深度の違いによって、上下で約65%の差があるとされる。
引用元:マントル – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AB

地殻(ちかく、英: crust)は、天体の固体部分の表層部。マントルの上にあり、大気や海の下にある。

以下では、特に断らない限り、地球の地殻について述べる。

大陸地殻(continental crust)は、30km程度の厚さがある。大陸や日本列島などを構成する地殻である。大規模な山岳地帯ではとくに厚く、チベットでは60~70kmにおよぶ。これは地殻を構成する岩石の密度が約2.7~3.0g cm−3でありアイソスタシーが成立しているためである。
引用元:地殻 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E6%AE%BB

アイソスタシー(英: isostasy)とは、比較的軽い地殻が、重く流動性のある上部マントルに浮かんでおり、地殻の荷重と地殻に働く浮力がつりあっているとする説。地殻均衡(説)ともいう。

ヒマラヤ山脈での鉛直線の偏差を説明するために、ジョージ・ビドル・エアリー(1855)とジョン・ヘンリー・プラット(1859)が唱えた説で、後にクラレンス・エドワード・ダットン(1889)が「アイソスタシー」と命名した。

2次元モデルで示したアイソスタシーの説明図。比重の大きいマントルの上に、比重の小さい地殻が浮かんでいる。
引用元:アイソスタシー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B7%E3%83%BC