『ルービック・キューブ免許皆伝』

コンピュータ科学の発展に
寄与した日本の数学者
島内剛一
しまうちたかかず(答)
22%

島内 剛一(しまうち たかかず、1930年(昭和5年)8月10日 – 1989年(平成元年)12月19日)は日本の数学者。立教大学教授。専門は基礎論だが、揺籃期から成長期にあった日本のコンピュータ及びコンピュータ科学の発展にも広く関与し[1]、パズル等への造詣も深かった。理学博士。
引用元:島内剛一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B3%B6%E5%86%85%E5%89%9B%E4%B8%80

Rubic キューブと置換の乗算
和田 英一(IIJ 技術研究所)
 立教大学の島内剛一先生(1989 年 12 月 19 日ご他界)も凝っていた 1 人で,自己の完成法を S 流と称し,「ルービック・キューブ免許皆伝」を著された 2).私は島内先生と親しかったので,著書を頂戴した.これはどう見ても数学者の著作でしかない.天の巻から少し引用する.
引用元:829-835.indd http://www.ipsj.or.jp/07editj/promenade/4607.pdf

ルービック・キューブと数学パズル
島内 剛一 著
内容紹介
大流行したパズルの解法と極意を解き明かす名著『ルービック・キューブ免許皆伝』の待望の復刻。楽しい数学パズル4編も収録。
引用元:ルービック・キューブと数学パズル|日本評論社 https://www.nippyo.co.jp/shop/book/3322.html

米田 信夫(よねだ のぶお、1930年3月28日 – 1996年4月22日)は日本の数学者、計算機科学者。

1961年東京大学で理学博士号を取得した。博士論文の題は「On ext and exact sequences」[1]。

圏論における米田の補題に名を残している[2]。コラッツの問題とも長く関わり、当時は米田の予想と呼ばれていた。 情報工学では、ALGOLに関する業績で知られている。
引用元:米田信夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E7%94%B0%E4%BF%A1%E5%A4%AB