ツクシ【筆頭菜】

次のうち、「すぎな」と
読む漢字を1つ選びなさい
狗尾草【えのころぐさ】
筆頭菜(答)
含羞草【おじぎそう】
交譲葉【ゆずりは】
接続草(答)
鹿尾菜【ひじき】
56%

スギナ(杉菜、接続草、学名:Equisetum arvense)は、シダ植物門トクサ綱トクサ目トクサ科トクサ属の植物の1種。日本に生育するトクサ類では最も小柄である。春先に出る胞子茎をツクシ(土筆、筆頭菜)とよぶ。

名称
和名スギナの由来は、地上部がスギ(杉)を連想させ、春のツクシが食用されることから、「杉の菜」の意から名づけられたものである[2]。

ツクシ(土筆、筆頭菜)は、スギナにくっついて出てくることから「付く子」、袴の部分で継いでいるように見えることから「継く子」となった説が有力である。つくしんぼ、つくしんぼう(土筆ん坊)、地域によっては「ほうしこ」(伊予弁など)とも呼ばれる。土筆は、土から出てきた胞子茎が伸びきる前は先端まで「袴」に覆われており、その形状が「筆」に似ていることから、「土筆」という字が当てられたと考えられている[2]。
引用元:スギナ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%AE%E3%83%8A