【新生代】アルプス造山運動

次の地球で起こった
出来事を、地質時代ごとに
グループ分けしなさい
【古生代】爬虫類が出現する
【中生代】被子植物が出現する
【新生代】大陸が現在の海外線になる
37%

CIMG0483dmTSWoXOtyOP
次の太古の出来事を
地質年代ごとに
グループ分けしなさい
【古生代】爬虫類が現れる、種子植物が現れる、森林が誕生する、昆虫が出現する、三葉虫が絶滅する
【中生代】被子植物が現れる、始祖鳥が現れる
【新生代】大陸が現在の海岸線になる


約5億4400万年~5億年前
三葉虫などの無脊椎動物が繁栄
生物種が爆発的に増加
古生代最初の期
カンブリア紀(答)

096tEjVsCa
約5億~4億4000万年前
筆石類やオウムガイ類が繁栄
大量絶滅で三葉虫の種が半減
魚類が出現
オルドビス紀(答)
シルル紀
デボン紀
石炭紀

連想
約4億4000万年~4億1000万年前
植物が陸上に進出
昆虫類が出現
旧称は「ゴトランド紀」
シルル紀(答)

約4億1000万~3億6000万年前
種子植物が出現
大量絶滅で8割以上の生物が絶滅
魚類が繁栄した「魚類の時代」
デボン紀(答)

約3億6000万~2億8000万年前
巨大な昆虫や節足動物が繁栄
爬虫類が出現
両生類が地上に上陸
石炭紀(答)

044lJHwVvuvVt
約2億8000万~2億5000万年前
大量絶滅で9割以上の生物が絶滅
イチョウが出現
古生代の最後の紀
カンブリア紀
ペルム紀(答)
石炭紀
シルル紀

約2億5100万年~1億9500万年前
原始的な哺乳類が出現
アンモナイトなどが栄え始める
中生代最初の時代
三畳紀(答)

連想
約1億9500万年~1億3500万年前
命名者はブロンニャール
名前はヨーロッパの山脈にちなむ
大型の恐竜や始祖鳥が出現
ジュラ紀(答)

約1億4000万年~6500万年前
被子植物が出現
恐竜が栄えるが、末期に絶滅
中生代最後の時代
白亜紀(答)

022PaNRFDTqBY
約6500万年~2500万年前
暁新世、始新世、漸新世
被子植物が繁茂した
哺乳類の大型化が進んだ
三畳紀
ジュラ紀
古第三世紀(答)
第四紀
新第三世紀

連想
約2500万年~200万年前
鮮新世、中新世に分けられる
アルプス造山運動の最盛期
大型の類人猿が出現した
新第三紀(答)

連想
約260万年前~現在
氷期と間氷期とが繰り返す
人類が発展した
更新世完新世に分けられる
第四紀(答)

027clDhxqT
次のうち、「新古生代」に
含まれる地球の地質時代を
1つ選びなさい
ジュラ紀 「中生代」
シルル紀 「旧古生代」
カンブリア紀 「旧古生代」
三畳紀 「中生代」
デボン紀(答)
石炭紀(答)
ペルム紀(答)
白亜紀 「中生代」
引用元:「旧古生代」カンブリア紀・オルドビス紀・シルル紀 「新古生代」デボン紀・石炭紀・ペルム紀 「中生代」三畳紀・ジュラ紀・白亜紀 古第三世紀「暁新世・始新世・漸新世」「哺乳類の大型化」「被子植物繁茂」 ペルム紀(二畳紀)「古生代最後の紀」「約2億5000万年前」「大量絶滅」「イチョウ」 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/126/


次のうち、中生代の
示準化石とされるのは
どっち?
Aフズリナの画像
Bアンモナイトの画像(答)
76%
引用元:【古生代】三葉虫【中生代】アンモナイト【新生代】貨幣石 https://seethefun.net/%e7%90%86%e7%b3%bb%e5%ad%a6%e5%95%8f/45519/

古生代(こせいだい、仏: Paléozoïque、英: Paleozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代の大きな区分の一つである。約5億4100万 – 約2億5190万年前。先カンブリア時代(隠生代)の後に相当する。地質学的には、古生代以前の地質年代をはっきりと確定することはできない。無脊椎動物の繁栄から、恐竜が繁栄しはじめる中生代の手前までの期間に対応する。

古生代においては、シルル紀に至るまで単細胞生物のみが陸上で生活していた。シルル紀に突入すると多くの植物が上陸し、地上での成長を開始した。これらの植物は最初、水面に近く比較的湿度の高い場所を好んで生息していた。デボン紀では乾燥した気候[注釈 1]に耐えられる植物も出現し、それまで簡易的であった植物の構造を一転させ、より複雑なものへと変化していく。シルル紀では昆虫の生存が確認された。

デボン紀はしばしば「魚類の時代」として伝えられる場合がある。これはさまざまな魚類が海中で繁栄していたからによる。この時点でほとんどの魚類は既に顎及び鱗を持ち合わせている。デボン紀では同時にクラドセラケ[注釈 2]などのサメが誕生・活動し始めた。また同時期ごろから動物は海中から陸上への進出を果たし、石炭紀後期(ペンシルベニア紀[注釈 3])には爬虫類が出現し始める。
引用元:古生代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E7%94%9F%E4%BB%A3

中生代
ちゅうせいだい
Mesozoic Era
地質時代の年代区分の一つで,古生代と新生代の間にあたる。約 2億5217万年前から約 6600万年前までの期間で,古いほうから三畳紀,ジュラ紀,白亜紀と 3区分される。ヨーロッパ中西部と南部に,各紀の地層が模式的に分布する。中生代はアンモナイトと爬虫類の全盛時代で,特に恐竜類がジュラ紀,白亜紀に代表的であった。二枚貝類も発展し,始祖鳥や原始的哺乳類が出現した。植物では裸子植物のソテツ類,針葉樹類,イチョウ類が繁栄,被子植物も出現した。古生代に繁茂した鱗木(→レピドデンドロン),封印木(→シギラリア)の類はまったく産出しない。中生代は多くの地方で温暖ないし高温気候であった。中生代の終わりから新生代の初めにかけてのアルプス造山運動によってアルプス,ヒマラヤ山脈,アンデス山脈,ロッキー山脈などがつくられた。日本列島などの弧状列島もこの時代に隆起した。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:中生代とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E4%B8%AD%E7%94%9F%E4%BB%A3-97353

新生代(しんせいだい、英: Cenozoic era)は、古生代・中生代・新生代と分かれる地質時代、顕生代の大きな区分の一つである。約6,500万年前から現代までに相当し、恐竜[1]、海中ではアンモナイトと海生爬虫類[2]が絶滅した後、哺乳類と鳥類が繁栄したことで特徴づけられる。

地球環境

中生代の初めに超大陸パンゲアが分裂して大西洋やインド洋が生まれ、現在の大陸分布になった。
引用元:新生代 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%94%9F%E4%BB%A3

アルプス造山運動
アルプスぞうざんうんどう
Alpine orogeny
新生代の古第三紀から新第三紀にかけて,地中海,ヒマラヤ,環太平洋地域に起こった造山運動。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:アルプス造山運動とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%97%E3%82%B9%E9%80%A0%E5%B1%B1%E9%81%8B%E5%8B%95-28609