【熱潮汐波】加熱雲層が運動量を輸送し反作用で大気加速

金星の上空で自転よりも高速で
回転している大気の流れのことを
「スーパー◯◯◯◯◯◯◯」
という? ◯を答えなさい
ローテーション(答)
29%

金星の風の速度は、高度によって大きく異なる。地表では大気の密度が高いために風が遅く、平均で秒速0.3mから1.0mにしかならない[4]。しかし、高い雲では風速が秒速100mにもなる。これは金星の自転速度をはるかに上回り、自転(ローテーション)より速い風という意味で「スーパーローテーション(英語版)」(超回転)と呼ばれる。また、この風速では4日で金星を一周する計算になるため、「四日循環」という別名もある[5]。

金星のスーパーローテーションが発見されるまでは惑星の大気に自転速度を大きく上回る速度の循環が生じることは有り得ないと考えられており、2020年までスーパーローテーションを完全に説明できる仮説は存在しなかったが、日本の金星探査機「あかつき」の観測データの分析により、この加速機構を担うのが「熱潮汐波」であることが明らかになった[6]。
引用元:金星の大気 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E5%A4%A7%E6%B0%97