差動回転

太陽の赤道付近での自転周期は
およそどれくらい?
18日
36日
27日(答)
9日
56%

自転周期(じてんしゅうき、Rotation period)とは、自転する天体(主として惑星)が自転軸の周りを一周するのに要する時間である。 背景の恒星に対して一周する時間は恒星時と呼ばれ、太陽に対して一周する時間は太陽時と呼ばれる。

主な天体の自転周期
いずれも恒星に対する自転周期、すなわち恒星時である。

天体 自転周期
太陽 25.379995 日 (赤道)[5]
35 日 (極) 25日 9時間 7分 11.6秒
35日
水星 58.6462 日[6] 58日 15時間 30分 30秒
金星 –243.0187 日[6][7] –243日 0時間 26分
地球 0.99726968 日[6][8] 0日 23時間 56分 4.100秒
月 27.321661 日[9] 27日 7時間 43分 11.5秒

火星 1.02595675 日[6] 1日 0時間 37分 22.663秒
ケレス 0.37809 日[10] 0日 9時間 4分 27.0秒
木星 0.4135344 日 (内部)[11]
0.41007 日 (赤道)
0.41369942 日 (極) 0日 9時間 55分 29.37秒[6]
0日 9時間 50分 30秒[6]
0日 9時間 55分 43.63秒[6]
土星 0.44403 日 (内部)[11]
0.426 日 (赤道)
0.443 日 (極) 0日 10時間 39分 24秒[6]
0日 10時間 14分[6]
0日 10時間 38分[6]
天王星 –0.71833 日[6][7][11] –0日 17時間 14分 24秒
海王星 0.67125 日[6][11] 0日 16時間 6分 36秒
冥王星 –6.38718 日[6][7] –6日 9時間 17分 32秒

ハウメア 0.163145 日[12] 0日 3時間 54分 56秒
引用元:自転周期 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E5%91%A8%E6%9C%9F#cite_note-5

差動回転(さどうかいてん、differential rotation)とは、主に天文学で、天体の各部分が異なる角速度で回転する様子を指す言葉である。微分回転とも言う。これに対して各部分が同じ角速度で一体となって回転することを剛体回転と呼ぶ。

流体や質点系と見なせる天体には差動回転しているものが多い。例として、ブラックホールや中性子星などのコンパクト天体を取り巻く降着円盤や、円盤銀河、原始星の周りの原始惑星系円盤などが挙げられる。これらの天体は中心に近いほど大きな角速度で回転している。降着円盤では差動回転のために円盤を構成するガス同士の粘性で摩擦熱が発生して高温に加熱され、X線やガンマ線を放射している。

また、太陽や木星・土星などのガス惑星も差動回転していることが知られている。これらの天体では緯度によって自転周期が異なっている。
引用元:差動回転 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%AE%E5%8B%95%E5%9B%9E%E8%BB%A2