アレニウス、ブレンステッド・ローリー、ルイス

「酸はH+を出すもの、塩基は
H+を受け取るもの」という定義を
アレニウスの定義という
×(答)
52%

酸と塩基(さんとえんき)は化学反応における性質である。化学の初期には水溶液における化学反応を水素イオンと水酸化物イオンから説明するものとして酸と塩基を定義付けていたが(アレニウスの定義)、化学の発展とともにその定義は拡張され、今日では水溶液に限定しない一般の化学反応における電子対の授受により酸と塩基は定義付けられている(ルイスの定義)。
引用元:酸と塩基 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E3%81%A8%E5%A1%A9%E5%9F%BA

化学において、ブレンステッド-ローリーの酸塩基理論(ブレンステッド-ローリーのさんえんきりろん、Brønsted–Lowry acid-base theory)とは、酸塩基理論の一つで、1923年にヨハンス・ブレンステッドとマーチン・ローリーによってそれぞれ独立に提案された[1][2]。この理論では、ブレンステッド酸となる分子またはイオンは水素イオン(プロトン)を失うまたは供与するもの、ブレンステッド塩基となる分子またはイオンは水素イオンを得るまたは受容するものと定義している。
引用元:ブレンステッド-ローリーの酸塩基理論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%AE%E9%85%B8%E5%A1%A9%E5%9F%BA%E7%90%86%E8%AB%96

A Lewis acid is a chemical species that contains an empty orbital which is capable of accepting an electron pair from a Lewis base to form a Lewis adduct. A Lewis base, then, is any species that has a filled orbital containing an electron pair which is not involved in bonding but may form a dative bond with a Lewis acid to form a Lewis adduct. For example, NH3 is a Lewis base, because it can donate its lone pair of electrons. Trimethylborane (Me3B) is a Lewis acid as it is capable of accepting a lone pair. In a Lewis adduct, the Lewis acid and base share an electron pair furnished by the Lewis base, forming a dative bond.[1] In the context of a specific chemical reaction between NH3 and Me3B, the lone pair from NH3 will form a dative bond with the empty orbital of Me3B to form an adduct NH3•BMe3. The terminology refers to the contributions of Gilbert N. Lewis.[2]
引用元:Lewis acids and bases – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Lewis_acids_and_bases