『髪盗人』アリエル、ウンブリエル、ベリンダ

次のうち
その作品のキャラクターが
天王星の衛星名に使われている
文学者を全て選びなさい
ダニエル・デフォー
ワーズワース
シェークスピア(答)
アレキサンダー・ポープ(答)
38%

032DrNFIuDspj
次の天王星の衛星を
直径が大きいものから
順に選びなさい
チタニア 1580km
オベロン 1530km
ウンブリエル 1180km
アリエル 1160km

CIMG2231
公転周期は約84年
自転周期は約17時間
最大の衛星はチタニア
太陽系の第7惑星
火星
土星
冥王星
天王星(答)

CIMG8707vtRaRpdjlVRi
次のうち
天王星の衛星を
全て選びなさい
◯オベロン
◯ジュリエット
◯チタニア
◯アリエル
◯コーデリア
◯ウンブリエル
◯デスデモーナ
✕フェーベ───土星第9衛星
×ガニメデ───木星第3衛星
×カリスト───木星第4衛星
✕アマルテア───木星第5衛星
引用元:天王星の衛星直径順「チタニア」「オベロン」「ウンブリエル」「アリエル」 冥王星の衛星「カロン」「ニクス」「ヒドラ」 小惑星発見順「パラス」「ジュノー」「ヴェスタ」 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/11425/


028oIouQsV
海王星の衛星ネレイドを発見
天王星の衛星ミランダを発見
オランダ出身の天文学者
彗星の巣に名を残す
オールト
カイパー(答)
ジャンスキー
カークウッド

006rHufPPuocd
小惑星1578に名を残す
アメリカの天文学者
インディアナ大学の天文台
小惑星が少ない領域に名を残す
カイパー
ハレー
カークウッド(答)
ジャンスキー

CIMG1952GFRjPCWcRNWB
電波天文学の祖とされる
アメリカの技術者
ジャンスキー(答)
Karl Jansky
引用元:「カイパー」ネレイドを発見 オランダの天文学者 「カークウッド」小惑星1578「小惑星の軌道に関する研究」「カークウッドの空隙」 「ジャンスキー」電波天文学の祖「電波強度の単位」Jy https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/11125/

衛星の命名 (えいせいのめいめい、Naming of moons) は、1973年以降は国際天文学連合 (IAU) の惑星系の命名に関する委員会の責任のもとで行われている。この委員会は、Working Group for Planetary System Nomenclature (WGPSN) という名称で知られており、衛星の名前のみならず太陽系内の天体の地物への命名も行っている[1]。

1787年に発見された天王星の最初の2個の衛星は、さらに2個の衛星が発見された翌年の1852年まで名前が与えられていなかった。これらの4つの衛星に名前を与えたのは、ウィリアム・ハーシェルの息子で天文学者のジョン・ハーシェルである[6]。彼はギリシア神話から名前を採用する代わりに、英文学に登場する精霊から命名した。オベロンとチタニアはウィリアム・シェイクスピアの戯曲『夏の夜の夢』に登場する妖精オーベロンとティターニアから、アリエルとウンブリエルはアレキサンダー・ポープの詩『髪盗人』に登場する空気の精から名付けられている[6] (アリエルはシェイクスピアの『テンペスト』に登場する人物名でもある)。天王星の語源であり空と空気を司る神であったウーラノスの周囲には空気の精がいたことが名前の採用の理由であると考えられる。

その後の衛星の命名は、空気の精から名前を採るという方針ではなく、ハーシェルの原資料に焦点を当てるものであった (マブとパックのみは空気の精から命名するという流れを受け継いでいる)。5番目の衛星ミランダは、1949年に発見者のジェラルド・カイパーによって、シェイクスピアの『テンペスト』に登場する人間の名前に因んで命名された[6]。現在のIAUによる天王星の衛星への命名の慣習は、シェイクスピアの戯曲かポープの『髪盗人』の登場人物に因んだ名称を付けるというものである。ただし現時点ではポープの『髪盗人』に由来する名前はアリエル、ウンブリエルとベリンダの3つのみであり、残りはシェイクスピアの戯曲に由来する[6]。当初は外側の衛星には全て『テンペスト』に因んだ名前だけが付けられていたが、マーガレットが『空騒ぎ』から命名されてこの傾向は終わった。
引用元:衛星の命名 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%81%AE%E5%91%BD%E5%90%8D

アレキサンダー・ポープ(Alexander Pope,1688年5月21日 – 1744年5月30日)はイギリスの詩人。父はカトリック教徒のリンネル商。

技巧と絶えざる彫琢を旨とする古典主義詩人の典型で、簡潔かつ流麗なヒロイック・カプレット(heroic couplet, 弱強五歩格二行聯句)を完成。その名句はシェイクスピアに次いでしばしば引用された。ポープの本領は諷刺詩(Satire)にあり、『髪盗人』はその傑作ともいわれる。その分野では『アーバスノットに与える書』『エピローグ』『ホラティウスに倣いて』も永続すべき業績であると文学史家のレズリー・スティーヴンは述べている。評論としては『愚物列伝』(The Dunciad, 1728年 – 1742年)、『人間論』(An essay on man, 1732年 – 1734年)があり、後者は友人のボリングブルック(en)から学んだ理神論を韻文にしたものであった。
引用元:アレキサンダー・ポープ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%97