【研究所設立】伝研騒動

1931年に初代所長の
北里柴三郎が亡くなった後
北里研究所の第2代所長を
務めた医学者は?
田二吉一北
稲龍多木島
北島多一(答)
30%

北島 多一(きたじま たいち、明治3年6月21日(1870年7月19日) – 1956年(昭和31年)10月11日)は、細菌学者、医学博士。第2代日本医師会会長。石川県金沢市生まれ。

人物
1894年東京帝国大学医科大学を首席で卒業と同時に伝染病研究所に入る。北里柴三郎の右腕として手腕を発揮し、北里の死後、北里研究所所長に就任。伝染病研究所が内務省から文部省に移管され東京大学に合併される時、移管に反対して北里柴三郎所長が辞任。この時、志賀潔をはじめとする研究所の職員全員が一斉に辞表を提出。伝研騒動といわれるこの間に、慶應義塾大学医学部主事になり、慶應医へ移った北里を支える。1928年慶應義塾大学医学部長。蛇、ハブの抗毒血清の製造に成功する。1953年文化功労者。1956年勲三等瑞宝章受章。
引用元:北島多一 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B3%B6%E5%A4%9A%E4%B8%80

東京大学医科学研究所(とうきょうだいがくいかがくけんきゅうじょ、英: The Institute of Medical Science, The University of Tokyo)は、東京大学の附置研究所で、がん、感染症やその他の難治疾患を対象にした最先端の研究と医療を進めることを目的とする研究所である。研究所敷地内に附属病院を有し、国内最大規模の医学研究所[2]である。

共同利用・共同研究拠点に指定されている(「基礎・応用医科学の推進と先端医療 の実現を目指した医科学共同研究拠点」[3])。2001年に近代医科学記念館を設置し、医科学に関する歴史的資料を保存・展示し、最新情報の提供を行っている。

略称は「医科研」「東大医科研」「白金医科研」。英語略称は「IMSUT」。場合にもよるが、旧名称である伝染病研究所から「伝研」という古い略称で呼ばれることもある。

1914年 – 内務省から文部省に移管。初代所長の北里柴三郎は、伝染病研究所が内務省から文部省に移管され東京帝国大学に合併される時、移管に反対して所長を辞任。この時、志賀潔をはじめとする研究所の職員全員が一斉に辞表を提出した。伝研騒動といわれる。北里柴三郎は、11月5日に私費を投じて北里研究所を設立した。
引用元:東京大学医科学研究所 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E5%8C%BB%E7%A7%91%E5%AD%A6%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

稲田 龍吉(いなだ りょうきち、1874年(明治7年)3月18日 – 1950年(昭和25年)2月27日)は、愛知県名古屋市出身の細菌学者。九州帝国大学医学部第一内科初代教授、恩賜財団母子愛育会愛育研究所(現・日本総合愛育研究所)初代所長を歴任。東京大学名誉教授、医学者。
引用元:稲田龍吉 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A8%B2%E7%94%B0%E9%BE%8D%E5%90%89