【NNG formula】中野董夫、西島和彦

1969年にノーベル物理学賞を受賞
サンタフェ研究所の設立メンバー
アメリカの物理学者
「クォーク」を命名
パウリ
ローレンツ
ゲルマン(答)
フェルミ
43%

039RbIIQXYbTt
次の科学用語と、その命名者の
正しい組み合わせを選びなさい
ニュートリノ───エンリコ・フェルミ
イオン───マイケル・ファラデー
クォーク───マレー・ゲルマン

CIMG2443
素粒子についての規則性
「西島-ゲルマンの規則」に
名を残す物理学者は西島◯◯?
◯の名前をひらがなで答えなさい
かずひこ(答)
引用元:科学用語と命名者「ニュートリノ」エンリコ・フェルミ「イオン」マイケル・ファラデー「クォーク」マレー・ゲルマン 西島和彦「西島-ゲルマンの法則」 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/2249/

マレー・ゲルマン(Murray Gell-Mann [ˈmʌri ˈɡɛl ˈmæn]、1929年9月15日 – 2019年5月24日[1])は、アメリカ・ニューヨーク生まれの物理学者。表記はマレイ、マリーまたはゲル=マンとも。1969年、「素粒子の分類と相互作用に関する発見と研究」でノーベル物理学賞を受賞。

「クォークの父」と呼ばれる[1]。「複雑系(複雑適応系)」研究で有名なサンタフェ研究所の設立者のひとり。 13か国語を操り、心理学、人類学、考古学、鳥類学にも造詣が深い。クォーク、ストレンジネス、色荷(カラー)などを命名したことでも知られる。

1964年、ジョージ・ツワイクと各々独自にハドロンの内部構造を記述するクォーク模型を提唱。陽子や中性子を構成するものを、ジェイムズ・ジョイスの小説『フィネガンズ・ウェイク』からとって「クォーク」と命名した。ゲルマン自身はあくまでクォーク模型は仮定の理論(クォークは仮定の素粒子であり実在しない)であり、これを元により確実な理論が構築された場合は捨てるものであると考えていた。しかしながら現在の所、クォークは実在の究極素粒子と考えられている。

他にも中野・西島・ゲルマンの法則(NNG法則)やくり込み群方程式、V-A相互作用の理論など多数の業績がある。
引用元:マレー・ゲルマン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3

中野・西島・ゲルマンの法則 (Gell-Mann–Nishijima formula, NNG formula) は、ハドロンのバリオン数B、ストレンジネスS、およびアイソスピンI3と電荷Qとの関係を表す公式である。

この法則を基に、坂田模型や大貫義郎などによるIOO対称性、SU(3)モデル、さらにクォークモデルが創られることになる。
引用元:中野・西島・ゲルマンの法則 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E3%83%BB%E8%A5%BF%E5%B3%B6%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

中野 董夫(なかの ただお、1926年[1] – 2004年8月15日[2])は、日本の物理学者。大阪市立大学名誉教授、大阪市立科学館初代館長。

生前、西島和彦とともに1961年のノーベル物理学賞の共同受賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[3]。
引用元:中野董夫 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E9%87%8E%E8%91%A3%E5%A4%AB

西島 和彦(にしじま かずひこ、1926年10月4日 – 2009年2月15日)は、日本の物理学者。東京大学名誉教授。京都大学名誉教授。茨城県土浦市生まれ。

大阪市立大学時代、中野董夫、マレー・ゲルマンら(独立)と素粒子の新しい規則性となる「中野・西島・ゲルマンの法則を発見する。そのほかにも、多くの業績がある。生前、1960年と1961年、1964年、1966年にノーベル物理学賞の候補に挙がっていたものの、受賞を逸している[1][2]。
引用元:西島和彦 (物理学者) – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E5%B3%B6%E5%92%8C%E5%BD%A6_(%E7%89%A9%E7%90%86%E5%AD%A6%E8%80%85)