【豚熱】Classical swine fever【豚インフル】swine-origin influenza virus

2019年11月に農林水産省は
家畜伝染病「豚コレラ」の
呼び方を何に変更した?
LPFK
ACRS
CFS(答)
11%

豚熱(ぶたねつ、英: classical swine fever、CSF、hog cholera)は、フラビウイルス科ペスチウイルス属によるブタのウイルス性疾病である。ブタ及びイノシシに特有の致死性の高い病気であるが、ヒトには感染することはない[1][2][3]。

名称
豚熱は、以前は豚コレラ(とんコレラ)という病名であったが、これは、1800年代にアメリカ合衆国で初めて発生が確認された際に、同地域において、ヒトのコレラが流行していたことから、関連は判然としないまま hog cholera (豚コレラ)と命名されたことに由来している。症状はコレラとは異なり、科学的には、ウイルスによって起こる豚熱(旧称:豚コレラ)は細菌で起こるヒトのコレラとは何ら無関係である[4]。

2019年11月11日、日本の江藤拓農林水産大臣は、「豚コレラ」の呼称を、英語名の「CSF(クラシカル・スワイン・フィーバー)」に変更すると明らかにした。無関係なヒトのコレラを想起させるとして、名称の見直しを求める声が発生県などから上がっていたという[5]。農林水産省のHPでは11月12日付で「豚コレラ及びアフリカ豚コレラの名称変更について」という発表を掲載した[6]。12月24日、農林水産省は「豚コレラ」の法律上の名称を「豚熱(ぶたねつ)」に変更する方針を発表した[7]。正式な変更は、2020年2月5日に「家畜伝染病予防法の一部を改正する法律(令和2年法律第2号)」が公布・同日施行されたことによる[8]。なお「法令上の用語としてCSFは、略称であるため、法律用語とすることは難しく、端的に病状を理解ができて、かつ、国際的な名称の日本語訳として適切なものとして日本獣医学会から提言を受けて決定した」と農林水産大臣が発表している[9]。
引用元:豚熱 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%9A%E7%86%B1#:~:text=%E8%B1%9A%E7%86%B1%E3%81%AF%E3%80%81%E4%BB%A5%E5%89%8D%E3%81%AF,%E3%81%AB%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

豚インフルエンザ(ぶたインフルエンザ、swine influenza, swine flu, hog flu, pig flu)とは、豚に感染するあらゆる型のインフルエンザ感染症を指す。豚由来インフルエンザ(swine-origin influenza virus, S-OIV)とも表記される。また、豚インフル、豚フルと略称されることがある。

豚由来のインフルエンザウイルスがヒトに感染して新型インフルエンザウイルスとなり、2009年に世界的な流行が発生した。詳細は2009年新型インフルエンザの世界的流行を参照。
引用元:豚インフルエンザ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%9A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6

法律第二号

   家畜伝染病予防法の一部を改正する法律

家畜伝染病予防法(昭和二十六年法律第百六十六号)の一部を次のように改正する。

 第二条第一項の表二十の項中「豚コレラ」を「豚熱」に改め、同表二十一の項中「アフリカ豚コレラ」を「アフリカ豚熱」に改め、同条第二項中「豚コレラ、アフリカ豚コレラ」を「豚熱、アフリカ豚熱」に改める。

 第十条第三項、第十五条、第十六条第一項及び第二十一条第一項第一号中「豚コレラ、アフリカ豚コレラ」を「豚熱、アフリカ豚熱」に改める。
引用元:家畜伝染病予防法の一部を改正する法律 (令和2年法律第2号) – Wikisource https://ja.wikisource.org/wiki/%E5%AE%B6%E7%95%9C%E4%BC%9D%E6%9F%93%E7%97%85%E4%BA%88%E9%98%B2%E6%B3%95%E3%81%AE%E4%B8%80%E9%83%A8%E3%82%92%E6%94%B9%E6%AD%A3%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B_(%E4%BB%A4%E5%92%8C2%E5%B9%B4%E6%B3%95%E5%BE%8B%E7%AC%AC2%E5%8F%B7)