金蛇

草原や藪地などに生息
しているトカゲの一種
蛇舅母
カナヘビ(答)
24%


トカゲが外敵から逃げる際に
自らのシッポを切り離す
行動のことを◯◯という?
◯の漢字をひらがなで答えなさい
じせつ(答)
「自切」
引用元:「自切」逃亡のためトカゲが尻尾を切断する行動 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/32328/

次のうち
「キノボリトカゲ科」とも
いわれるアガマ科の
トカゲを1つ選びなさい
グリーンイグアナ イグアナ科
エリマキトカゲ(答)
ニホンカナヘビ カナヘビ科
モロクトカゲ(答)
マツカサトカゲ トカゲ科
コモドオオトカゲ オオトカゲ科
39%


1980年代に一大ブームを呼んだエリマキトカゲは◯◯◯科? ◯を答えなさい
アガマ(答)
引用元:【アガマ科】エリマキトカゲ、モロクトカゲ https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/47216/

かな‐へび【金蛇/蛇=舅=母】 の解説
有鱗 (ゆうりん) 目カナヘビ科のトカゲ。草地などにみられ、体長約20センチで、尾がその3分の2を占める。体は暗灰褐色で、黒の帯状斑紋があり、腹は白または淡黄色。日本特産。かなちょろ。日本かなへび。
引用元:金蛇/蛇舅母(かなへび)の意味 – goo国語辞書 https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E9%87%91%E8%9B%87/

ニホンカナヘビ(日本金蛇 日本蛇舅母)

今回、偶然にバケツの中に入り込んだニホンカナヘビと出会いましたので記事にしたいと思います。

ニホンカナヘビは名前にヘビと付きますがトカゲの仲間です。

体の横に入っている白いラインとツヤのないくすんだ色の体で、体の7割にもなる長い尻尾が特徴です。

また、なぜトカゲなのに”カナヘビ”と呼ばれるのかは諸説ありますが、腹側が金色に見えるので金蛇(かなへび)という説や、親しみを込めて愛蛇(かなへび)という説などがあります。
引用元:環境省_ニホンカナヘビ(日本金蛇 日本蛇舅母) https://www.env.go.jp/garden/kokyogaien/news/2018/08/post_287.html

卵胎生(らんたいせい、英語:ovoviviparity)とは、動物のメス親が、卵を胎内で孵化させて子を産む繁殖形態である。

哺乳類以外の動物は一般には卵を産むが(卵生)、魚類・爬虫類・貝類等の一部に卵胎生が見られる。

低温な環境
コモチカナヘビは、同種の生物であるにもかかわらず、地域によって卵生と卵胎生の違いがあることが知られている。ピレネー山脈南部では卵生、気温のより低い地域では卵胎生で、より確実に子孫を残す適応をしていると考えられる。

有鱗目
アガマ科(一部卵胎生の種がいる。)
ボア科(ニシキヘビ科をボア科の亜科としない場合、ほぼ卵胎生。)
カメレオン科(カメレオン属ミツヅノカメレオン亜属に卵胎生の種がいる。)
ナミヘビ科(一部卵胎生の種がいる。)
コブラ科(ウミヘビ亜科(別科とする説もある)の他にも卵胎生の種がいる。)
イグアナ科(一部卵胎生の種がいる。)
カナヘビ科(コモチカナヘビ – ピレネー山脈南部では卵生、他の地域では卵胎生であることが知られている。)
トカゲ科(マツカサトカゲ・ヨロイトカゲの一部など 卵胎生の種がいる。)
クサリヘビ科(クサリヘビ科を主に構成するマムシ亜科、クサリヘビ亜科を問わず卵胎生の種がいる。)
引用元:卵胎生 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B5%E8%83%8E%E7%94%9F