【砺波市出身】となみチューリップフェア

大正時代に日本で初めて
チューリップを育てた園芸家
水野豊造
みずのぶんぞう(答)
28%

富山県で初めてチューリップ栽培を始めたのは、東砺波郡庄下村(現在の砺波市)の水野 豊造(みずのぶんぞう)さんたちです。大正7年(1918年)のことでした。
引用元:とやまのチューリップ|富山県 http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1613/kj00014132-002-01.html

となみチューリップフェア(英: Tonami Tulip Fair)は、富山県砺波市の砺波チューリップ公園にて4月下旬から5月初旬(ゴールデンウィーク中)まで砺波市と砺波市花と緑と文化の財団と砺波市観光協会が主催して毎年開催される富山県のチューリップの祭典。期間中は300万本のチューリップが会場内を彩る。特にゴールデンウィーク中は県内外から多くの観光客を集める。

2018年(平成30年)に水野豊造(ぶんぞう)が砺波で球根栽培を始めて100年の節目を迎えた。
引用元:となみチューリップフェア – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%BF%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2