【ホーキングと論争】『ブラックホール戦争』

南部陽一郎、ニールセンとは
独立に、「ハドロンの弦理論」を
提唱した(ア)メリカの物理学者は
レオナルド・◯◯◯◯◯?
スンサドキ?
サスキンド(答)
28%

レオナルド・サスキンド(Leonard Susskind、1940年 – )はアメリカの物理学者。素粒子物理学における弦理論の創始者の一人。

1966年から1970年まで、アメリカ合衆国のイェシーバー大学で、助教授をつとめる。1970年に、南部陽一郎、ホルガー・ニールセンとは独立に、ハドロンに関する弦理論を提唱する[1] 。1971年から1972年にかけて、イスラエルのテルアビブ大学で教鞭をとるものの、アメリカに戻り、イェシーバー大学で、物理学教授となる。1979年より2000年まで、スタンフォード大学の教授となる。2007年からカナダ・ウォータールーのペリメータ理論物理研究所に務める。
引用元:レオナルド・サスキンド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%83%89

弦理論(げんりろん、英: string theory)は、粒子を0次元の点ではなく1次元の弦として扱う理論、仮説のこと。ひも理論、ストリング理論とも呼ばれる。

概要
1970年に南部陽一郎、レオナルド・サスキンド 、ホルガー・ベック・ニールセン (Holger Bech Nielsen|en) [1]が独立に発表したハドロンに関する理論によって登場したものの、量子色力学にその座を譲った。しかし、1984年にマイケル・グリーンとジョン・シュワルツ (John Henry Schwarz) が発表した超対称性及び、カルツァ=クライン理論を取り入れた超弦理論 (superstring theory)によって、再び表舞台に現れた。4つの基本相互作用を統一する試みとして注目されている。

最近では、超弦理論やM理論を含む広い意味で「弦理論 (string theory)」と呼ぶことも多い[2]が、ここでは超対称性を持たないボゾン弦 (bosonic string) について記述する。
引用元:弦理論 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%A6%E7%90%86%E8%AB%96

スタンフォード物理学再入門 力学
サスキンド,レオナルド〈Susskind,Leonard〉/ラボフスキー,ジョージ【著】〈Hrabovsky,George〉/森 弘之【訳】

【著者紹介】
1978年よりスタンフォード大学の理論物理学の教授を務める。サンフランシスコ州パロアルト在住。ひも理論の先駆者として知られている。ニューヨークで育ち、成人してすぐの頃は父親と同じ配管工の仕事をした。シティカレッジ・オブ・ニューヨーク(CCNY)の工学部に進み、コーネル大学で理論物理学の博士号を取得。1969年、南部陽一郎と同じ時期にハドロンのひも理論に到達した。ブラックホールに吸い込まれた量子の情報は失われると主張するスティーヴン・ホーキングに対抗して、ゲラルド・トフーフトとともに情報は失われないとする論陣を張る(「ブラックホール戦争」)。トフーフトとの共同研究の成果として、ブラックホールの奇妙な相補性の原理やホログラフィック原理を見出し、理論物理学に深い影響を与えた。著書に『宇宙のランドスケープ』『ブラックホール戦争』(いずれも日経BP社)など。

内容説明
スティーヴン・ホーキング博士との20年以上にわたる「ブラックホール戦争」で有名なサスキンド教授による物理“再入門”講義。
引用元:スタンフォ-ド物理学再入門力学 / サスキンド,レオナルド〈Susskind,Leonard〉/ラボフスキー,ジョージ【著】〈Hrabovsky,George〉/森 弘之【訳】 – 紀伊國屋書店ウェブストア|オンライン書店|本、雑誌の通販、電子書籍ストア https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784822285180

ブラックホール情報パラドックス(ブラックホールじょうほうパラドックス、Black hole information paradox)は、量子力学と一般相対性理論の組合せに起因するパラドックスである。物理的情報はブラックホールの中で消失するため、多くの量子状態が同じ状態を取ることを許容する。これは、ある時点での物理系に関する完全な情報は別の時点での状態を決定するべきだという、科学的方法の原則から逸脱するため、論争を呼んだ[1][2]。量子力学の基礎的な前提では、系の完全な情報は波動関数の収縮まで、波動関数の中に埋め込まれる。波動関数の進化はユニタリ作用素によって決定され、ユニタリティは情報は量子状態に保存されることを示唆する。これは決定論の厳しい形である。

ホーキングは、ブラックホール熱力学の方程式とブラックホール脱毛定理から、量子情報が破壊されるという結論が導かれると確信していた。これは、多くの物理学者を悩ませ、ジョン・プレスキルは、1997年にホーキング及びキップ・ソーンと、ブラックホール内の情報は失われないという賭けをしたことが有名である。ホーキングの洞察は、サスキンドとホーキングの論争を引き起こした。この中で、レオナルド・サスキンドとヘーラルト・トホーフトは、ホーキングの解法に対して公開の「宣戦布告」を行った。サスキンドは、2008年、論争について有名な著者(The Black Hole War: My battle with Stephen Hawking to make the world safe for quantum mechanics, ISBN 978-0-316-01640-7)を著した。この本は、「戦争」は純粋に科学上のもので、個人レベルでは友人関係のままであったことを注意深く述べている[5]。論争を終結させた問題の解法は、トホーフトによって最初に提案され、サスキンドによって正確な弦理論の解釈が与えられたホログラフィック原理である。この理論については、”Susskind quashes Hawking in quarrel over quantum quandary”という論文のタイトルが付けられた[6]。
引用元:ブラックホール情報パラドックス – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9