『IGOSS』アイゴス「全世界海洋情報サービスシステム」International Global Ocean Service System

067lWlDBluWpq
世界気象機関とユネスコの
政府間海洋学委員会が合同で
推進している、「全世界海洋情報
サービスシステム」の略称は?
SGSOI
→IGOSS
IGOSS

アイゴス計画
あいごすけいかく

全世界海洋情報サービス計画Integrated Global Ocean Service Systemの略。海洋観測の結果を無線通信で最寄りの気象機関(日本では気象庁)へ送り、さらに気象資料交換用の国際通信回線を利用して、国際的に利用しあっていこうという計画。海洋は広大で、一機関ではもちろん、一国の力だけでは観測調査しきれない。海洋の情報は、水産や航海上ばかりでなく、気象の長期予報や気候の予測には欠かせないものなので、国連の専門機関である世界気象機関(WMO)とユネスコの政府間海洋学委員会(IOC)が協力しあって、1972年にこの計画を開始し、さらに、2001年にはこの計画を基礎として、この両機関は新たにWMO/IOC合同海洋・海上気象専門委員会(JCOMM=Joint WMO/IOC Technical Commission for Oceanography and Marine Meteorology)を設立し、海洋観測の結果の即時的・国際的な交換の推進に力を注いでいる。[安井 正・佐伯理郎]
引用元: アイゴス計画(あいごすけいかく)とは – コトバンク.

全世界海洋情報サービス・システム
ぜんせかいかいようじょうほうサービスシステム
International Global Ocean Service System; IGOSS

一般の海洋観測によって得られた水温,塩分,海流の状態などをリアル・タイムで収集し,海況予報などの資料に供するシステム。世界気象機構 (WMO) とユネスコ政府間海洋委員会 (IOC) が共同で推進している事業で,全世界の海洋の情報を迅速に把握して長期予報や気候変化にも対応することを目的としている。
引用元: 全世界海洋情報サービス・システム(ぜんせかいかいようじょうほうサービスシステム)とは – コトバンク.