【絶対湿度】水蒸気自体の量g/㎥ 【相対湿度】ある気温の飽和水蒸気量に対する割合【最小湿度】相対湿度の日中最小値

木材の乾燥度合いを計る際などに
用いられる、過去数日間の湿度を
考慮した湿度の値のことを
◯◯湿度という?◯を答えなさい
じっこう(答)
14%
実効湿度

蒸し暑さの度合いを示す不快指数
で「すべての人が不快」と感じる
のは指数いくつ以上?
60
70
90
80(答)
54%

引用元:【80〜85】暑くて汗が出る https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/51503/

熱中症予防のために考案された
湿度、輻射熱、気温を取り入れた
暑さ指数とも言われる指標は?
DFCBW
KMTGA
WBGT(答)
7%

引用元:【湿球黒球温度】Wet-Bulb Globe Temperature https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/52836/

CIMG8319LECwk2snRfqI
縦軸に気圧、横軸に気温を
とって、大気の露点温度との
関係を示した図を何という?
テーーセム
ロマンソト
ゴビサラン
エマグラム(答)
引用元:温度目盛りの人名「レーマー」「ニュートン」「ドリール」「ランキン」「レオミュール」「ファーレン」「セルシウス」「ケルビン」 「線」膨張率「温度により長さが変化する割合」 「ルニョーの法則」気体の定圧比熱は温度よらず一定 「エマグラム」ある地点上空の大気安定度を評価するグラフ https://seethefun.net/%e8%8a%b8%e8%83%bd/15169/

木材などの乾燥度を表す指数で,火災予防などの目的で用いられる。湿度は木材,紙,布などの燃焼とも深い関連があるため,数日前からの相対湿度の経過状態を考慮に入れ算出される。木材の含水率の変動は,湿度の日変化に対して 3~6時間,年変化に対して 1.5~3ヵ月遅れる。火災の発生は木材の含水量と密接な関係があることから,実効湿度が気象条件の目安に用いられている。通常,次の式で示される。

He=(1-r)(Hm+rH1+r2H2+…+r2Hn)

Heは実効湿度(%),Hmは当日の日平均湿度(%),Hnは n日前の日平均湿度(%),係数 r には 0.5~0.7が用いられる。実効湿度が 50~60%以下になると火災が大きくなる危険性が高まる。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:実効湿度とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E5%AE%9F%E5%8A%B9%E6%B9%BF%E5%BA%A6-74042

「最小湿度(さいしょうしつど)」と
「実効湿度(じっこうしつど)」って何?

かいとう 湿り(しめり)具合を表す「湿度(しつど)」には、さまざまな呼び方があります。
ふだん、みなさんが目にする「70%」などは、正確には「相対湿度(そうたいしつど)」と呼ばれるものです。
この相対湿度を、一日を通して観測すると、一番小さな値になるときがあります。
このときの湿度を「最小湿度(さいしょうしつど)」と呼びます。
晴れたふつうの日は、最高気温が観測される午後2時~3時頃に、最小湿度を観測することが多いです。
一方、「実効湿度」は、木材の乾燥(かんそう)具合を表すものとされて、当日の平均(相対)湿度と、前日の平均湿度を用いて計算されています。
もっと細かく、2日前や3日前の平均湿度を用いることもあります。
最小湿度が約25%、実効湿度が約60%より低くなると、乾燥して火事が発生しやすくなったり、発生した火事が広がりやすくなると言われています。
気象庁では、最小湿度や実効湿度をもとにして「乾燥注意報」を発表し、注意を呼びかけています。
引用元:はれるんランド https://www.jma.go.jp/jma/kids/faq/b1_11.html

空気が乾いているか湿っているかを示す度合い。絶対湿度と相対湿度があり,絶対湿度は 1m3中の水蒸気量をグラム単位で表し,相対湿度はある気温で現実に含んでいる水蒸気とその温度で水蒸気を含みうる限度(飽和水蒸気量)との割合を百分率で表したもの。絶対湿度は原理的に簡単であるが測定が困難であり,また人間の感じる乾湿の度合いを正確には表さない。相対湿度のことを通常は単に湿度というが,これは乾湿球湿度計または通風乾湿計の読み取りから検湿公式を用いて計算される。相対湿度は気温の影響がかなり大きく作用する。また,火災予防の目的のため,数日前からの相対湿度の経過状態を考慮して算出したものを実効湿度と呼ぶ。木材などの乾燥度を示すのに用いられる。
出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
引用元:湿度とは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E6%B9%BF%E5%BA%A6-74175

一般的な「湿度」は相対湿度のことを示します。その温度における水蒸気の量を飽和水蒸気量で割った値を言います。
湿度には数種類ありますが、通常は相対湿度のことを意味しています。

実効湿度とは、過去数日間の湿度の履歴を考慮した湿度のことを言います。木材などの乾燥度を示し、乾燥注意報の発表や火災警報を発令、火災の発生率などに関係しています。

相対湿度は、100%で大気中の水蒸気量が飽和状態となり、結露を生じます。又、その時の温度を露点温度といいます。
相対湿度は0%以上100%以下の値をとりますが、観測値が0%に近づくことはよくありますが、日本など湿潤な地域では完全な0%になることはほぼありません。日本では過去 1度0%を観測した例があります。(観測地点:鹿児島県屋久島、1971年1月19日記録)。
また、観測上、1日のうち最も低かった湿度の値を最小湿度として記録し統計をとっています。一方、最大湿度は100%に近い値になることは珍しくはなく、統計は取られていません。
引用元:湿度について – 実効湿度と相対湿度の違いはなんですか? – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1040737210