Henri Braconnot

19世紀に世界で初めて
グリシンの単離に成功した
フランスの化学者は?
ンノラブコリア・ー
アンリ・ブラコノー(答)
14%

CIMG3276
次のアミノ酸を
ヒトにとって必須アミノ酸か
そうでないかで
グループ分けしなさい
【ヒトの必須アミノ酸】リジン
【ヒトの非必須アミノ酸】グリシン、アラニン

CIMG6087
ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン
ピリミジン塩基
DNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
シトシン
チミン
ウラシル(答)
アデニン

連想
4-アミノピリミジン-2(1H)-オン
ピリミジン塩基
DNAにもRNAにも存在
グアニンと塩基対を作る
シトシン(答)

連想
6-アミノ-9H-プリン
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
アデノシン三リン酸の構成要素
アデニン(答)

連想
別名は「5-メチルウラシル」
ピリミジン塩基
RNAにはほとんど存在しない
アデニンと塩基対を作る
チミン(答)

連想
別名「2-アミノヒポキサンチン」
プリン塩基
DNAにもRNAにも存在
シトシンと塩基対を作る
グアニン(答)

連想
必須アミノ酸のひとつ
ほとんどのタンパク質に含まれる
弱い苦味をもつ白色結晶
略号は「Leu」
ロイシン(答)

連想
必須アミノ酸のひとつ
分岐鎖アミノ酸
バクテリアの培養基
TCA回路に関与
バリン(答)

連想
タンパク質構成アミノ酸
ギリシャ語の「膀胱」に由来
水やエタノールに溶けやすい
メチオニンとセリンから合成
システイン(答)
引用元:SI基本単位数「7」 必須アミノ酸数「9」『風呂場椅子独り占め』 最小半素数(2つの素数の積)「4」 「ウラシル」ピリミジン-2,4(1H,3H)-ジオン DNAにはほぼない https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/19705/

アンリ・ブラコノー(Henri Braconnot、1780年5月29日 – 1855年1月15日)は、フランス出身の化学者・薬剤師。キチンやグリシンをはじめて単離した。

他の科学者によってニトロセルロースが開発される以前に、木綿や木材に硝酸を反応させxyloidineという爆発性物質を開発した。
引用元:アンリ・ブラコノー – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%BC

Henri Braconnot (May 29, 1780, Commercy, Meuse – January 13, 1855, Nancy, Meurthe-et-Moselle) was a French chemist and pharmacist.

In 1819, he published a memoir describing for the first time the conversion of wood, straw or cotton into a sugar by a sulfuric acid treatment. The name glucose was proposed 24 years later by Dumas for a sugar similarly obtained from starch, cellulose, or honey. By the same acid process, Braconnot obtained a “gelatin sugar” (named later glycocolle, now glycine) from gelatin and leucine from muscle fibers.
引用元:Henri Braconnot – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Henri_Braconnot