「セントジェルジ」ビタミンCを発見 1937ノーベル化学賞「生物学的燃焼の研究」ハンガリーの化学者

092TIveFQKZGL
ハンガリーの化学者
ノーベル生理学医学賞を受賞
筋肉の研究
ビタミンCを発見
エイクマン
セントジェルジ(答)
ホプキンス
ドラモンド

Albert Szent-Gyrgyi

「生物学的燃焼の研究」により
1937年にノーベル生理学・
医学賞を受賞した化学者は
セント・◯◯◯◯?
スーフプク
ホルェンジ
→ジェルジ
「セント・ジェルジ」
引用元: セント・ジェルジ 1937ノーベル生理学・医学賞「生物学的燃焼、特にビタミンCとフマル酸の触媒作用に関する発見」 | わかればいいのに I wish I knew.

セント=ジェルジ・アルベルト(Nagyrápolti Szent-Györgyi Albert [ˈsɛnɟørɟi ˌɒlbɛrt]、1893年9月16日ブダペスト – 1986年10月22日ウッズホール)は、ハンガリー出身のセーケイ人でアメリカ合衆国に移住した生理学者。ビタミンCの発見などにより、1937年度ノーベル生理学医学賞を受賞。筋肉の研究などでも知られる。
引用元: セント=ジェルジ・アルベルト – Wikipedia.

セント‐ジェルジ 【Albert Szent-Gyrgyi】

[1893~1986]米国の生化学者。ハンガリーの生まれ。ビタミンCを発見しアスコルビン酸と命名。フマル酸が細胞呼吸の触媒として働くことを見いだし、1937年、ノーベル生理学医学賞受賞。また、筋収縮がアクチン・ミオシン・ATPの相互反応であることを発見。47年に米国に亡命。著「分子下生物学入門」など。
引用元: セントジェルジとは – コトバンク.

クリスティアーン・エイクマン(Christiaan Eijkman, 1858年8月11日ネイケルク – 1930年11月5日ユトレヒト)は、オランダの医師、生理学者、衛生学者。1898年からユトレヒト大学の教授を務めた。貧弱な食生活が脚気の原因になることを実証し、ビタミンの発見への道標を与えた。1929年、フレデリック・ホプキンズと共にノーベル生理学・医学賞を受賞。
引用元: クリスティアーン・エイクマン – Wikipedia.

サー・フレデリック・ガウランド・ホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins, 1861年6月20日 – 1947年5月16日)は、イギリスの生化学者。メリット勲章勲爵士(OM)、王立協会フェロー(FRS)。1929年、ビタミンの発見の業績によりクリスティアーン・エイクマンと共にノーベル生理学・医学賞を受賞した。また、1901年にアミノ酸の一つであるトリプトファンを発見した。
引用元: フレデリック・ホプキンズ – Wikipedia.

1920年ジャック・セシル・ドラモンドが柑橘系果物の中の壊血病を予防する成分の抽出に成功した。「生存に不可欠な微量成分」=「ビタミン (vitamine)」の名称は、既に日常的に使用されていたが、これら新発見の成分は明らかにアミン (amine) の化合物ではなかった。そこでドラモンドは、ビタミンの発音はそのままで若干スペルを変更すること (vitamin) を提案し、発見した壊血病を予防する成分を「ビタミンC」と命名した。同時に、前段の「油溶性A」および「水溶性B」もそれぞれ「ビタミンA」、「ビタミンB」と命名されることとなった。以降、vitaminの綴りが定着していくことになる。
引用元: ビタミン – Wikipedia.

Sir Jack Cecil Drummond FRIC, FRS[1] (12 January 1891 – 4 August 1952 or 5 August 1952) was a distinguished biochemist, noted for his work on nutrition as applied to the British diet under rationing during the Second World War.
>In 1919, he moved to University College London (UCL) to work on physiological chemistry, the precursor to modern biochemistry.[17] In 1920, he proposed that the “vital substances” discovered by Elmer Verner McCollum and by Casimir Funk should be called Vitamins A and B respectively, to contrast them with his proposed anti-scurvy factor, Vitamin C. He also dropped the final “e” from Funk’s designation, because not all vitamins contain an amine group. In 1922 at the early age of 31, he became the first[18] Professor of Biochemistry at UCL and held that position until 1945 (in absentia from 1939). He was also Dean of the Faculty of Medical Sciences from 1929 to 1932.[19]
引用元: Jack Drummond – Wikipedia, the free encyclopedia.