Erik Verlinde

重力は見かけの現象にすぎず
暗黒物質も存在しないという
エントロピック重力理論を提唱
したオランダの物理学者は?
デリンーヴァ
ヴァーリンデ(答)
21%

地震予知、UFO、オカルトなど
のニュースを配信するWebサイト
TOCANA(答)
14%

引用元:【ホントカナ?】 https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/51703/

エントロピック重力(Entropic gravity)または創発的重力(emergent gravity)は、現代物理学の理論であり、重力をエントロピックな力として記述する。エントロピックな力は、(電磁気力の光子や強い核力のグルーオンのような)場の量子論やゲージ理論を媒介とした基本相互作用ではなく、物理系のエントロピーを増加させようとする傾向の確率論的な結果のことを言う。この提案は、物理学会で論争されていて、重力の熱力学的性質の研究の新しい方向を呼び起こした。

エリック・ヴァーリンデの理論
2009年にエリック・ヴァーリンデ(英語版)(Erik Verlinde)は、エントロピックな力として重力を記述する概念的なモデルを開示した。[4] 2010年1月6日に、彼はOn the Origin of Gravity and the Laws of Newtonというタイトルの29ページの論文をプレプリントとして出版した。[5] この論文は、2011年4月にはJournal of High Energy Physicsに掲載された。[6] その論理は300年以上の論理をひっくり返すような論理で、重力は「物質の位置に関連付く情報」の結果である」と議論している。このモデルは、ジェラルド・トフーフトのホログラフィック原理を持つ重力と熱力学的アプローチを結びつけている。これは、重力は基本相互作用ではなく、ホログラフィックスクリーン上にエンコードされたマイクロスコピックな自由度の統計的振る舞いから創り出された現象であることを意味している。論文は、科学界からの様々な反応を引き起こした。ハーバード大学の弦理論の研究家アンドリュー・ストロミンジャー(Andrew Strominger)は、「それは誤りであるという人もいれば、それは正しいがもう分かっていることだよという人もいる。つまり、それは正しくて深く、正しくて自明なことである」と。[7]
引用元:エントロピック重力 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E9%87%8D%E5%8A%9B

Erik Peter Verlinde (Dutch: [ˈeːrɪk ˈpeːtər vərˈlɪndə]; born 21 January 1962) is a Dutch theoretical physicist and string theorist. He is the identical twin brother of physicist Herman Verlinde. The Verlinde formula, which is important in conformal field theory and topological field theory, is named after him. His research deals with string theory, gravity,[1] black holes and cosmology. Currently,[2] he works at the Institute for Theoretical Physics at the University of Amsterdam.
引用元:Erik Verlinde – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Erik_Verlinde

アインシュタインは約100年前に特殊相対性理論及び一般相対性理論を発表し、物理学の常識を一新した。彼の名は専門分野を超えて、今や天才的科学者の代名詞にもなっているが、遂に彼に比肩する天才科学者が現れた。

 オランダ・アムステルダム大学のエリック・ヴァーリンデ教授は、アインシュタインの重力理解は完全に間違っている上、謎の暗黒物質ダークマターも存在しないとし、100年続いた物理学の基礎理解を真っ向から否定している。
引用元:「重力もダークマターも実在しない」ヴァーリンデの重力仮説が100年ぶりの物理学革命へ! 全てはエントロピーなのだ! – TOCANA https://tocana.jp/2019/08/post_108215_entry.html

暗黒物質は存在する──修正重力理論が当てはまらない銀河が「ダークマター」の実在を裏付けた
宇宙の総質量の約85パーセントを占めると言われている正体不明の物質、ダークマター(暗黒物質)。このたび発表された2つの論文から、ダークマターの確かな存在を示す観測結果が明らかになった。これにより、その実在可能性を焦点としてきた論争に、ついに終止符が打たれるかもしれない。
NATURE

2019.05.10 FRI 18:00
TEXT BY SANAE AKIYAMA

宇宙の総質量の約85パーセントを占めると言われている正体不明の物質、ダークマター(暗黒物質)は、光の反射も吸収もせず、われわれの知るすべての電磁波の周波数を使った観測でも決して見ることができない。

一方で、重力を通して通常の物質と相互作用するので、われわれはその存在を間接的に知ることができる。アインシュタインの一般相対性理論が予測する「重力レンズ効果」の通り、その重力でもって時空に歪みを生じさせ、周辺を旅する光の経路をねじ曲げてしまうからだ。

また、銀河の回転速度は、観測可能な物質の総質量から計算できる速度よりもずいぶん速いことがわかっている。このことからダークマターは、回転する銀河内の星々が遠心力で飛ばされずに済むほどの重力を補っていると考えられている。

このように奇妙なふるまいをする暗黒物質は、これまでどんな手段をもってしても直接観測できたことがない。このため、よもや重力を説明する新しいアイデアが必要だと「ダークマターなど存在しない」という学説まであるほどだ。
引用元:暗黒物質は存在する──修正重力理論が当てはまらない銀河が「ダークマター」の実在を裏付けた | WIRED.jp https://wired.jp/2019/05/10/dark-matter-theory/