Singularity (climate)【台風】9月17日

次のうち
「雨の特異日」とされる日は?
9月17日

1月1日
11月3日
3月30日(答)
31%

文章音声読み上げマシーンなど
を発明したアメリカの発明家で
著書に『ポスト・ヒューマン
誕生』があるのは?
・イワルーツイレカ
レイ・カーツワイル(答)
21%


人工知能が人間の能力を超えると
予想され、それに伴い起こると
されている諸問題は
「◯◯◯◯年問題」?
97853
16042
2045(答)
13%
引用元:2045【シンギュラリティ】レイ・カーツワイル https://seethefun.net/%E7%A4%BE%E4%BC%9A/45219/

特異日(とくいび)とは、その前後の日と比べて偶然とは思われない程の高い確率で、特定の気象状態(天気、気温、日照時間など)が現れる日のこと[1][2]。特異日は世界的に認められた概念であり、英語では「シンギュラリティ」(singularity)と呼ばれる。

転じて気候以外にも、何らかの政治的事件が集中して起こる日を指すこともある。

日本(主に東京)の特異日の例
1月16日 – 晴れの特異日。
3月14日 – 晴れの特異日。
3月30日 – 雨の特異日。
4月6日 – 花冷えの特異日。
6月1日 – 晴れの特異日。
6月28日 – 雨の特異日。東京では53%の確率で雨が降る。
7月17日 – 雨の特異日。石原裕次郎の命日に当たり森田正光が「裕次郎雨」と名づけた事でも知られる。
8月18日 – 猛暑の特異日。
9月12日 – 雨の特異日。
9月17日 – 台風襲来の特異日。統計上、台風が日本列島に上陸する回数が多い。
9月26日 – 台風襲来の特異日。統計上、台風が日本列島に上陸する回数が多い。
11月3日 – 晴れの特異日。

特異日ではないとされるもの
特異日は、ある気象状態が、「その前後の日と比べて」大きな確率で現れる日のことである。従って、例えば毎年ある特定の日に晴れが多い場合であっても、その前後の日も晴れが多い(即ち、晴れの多い季節である)ならば、特異日とは呼ばれない。

10月10日
「10月10日が東京の晴れの特異日であったことから、1964年の東京オリンピックの開会式の日に選ばれた」と言われているが、10月10日は統計的に晴れが多い日とは言いがたい。1959年発行「気象学ハンドブック」によれば、10月の特異日は14日とされており[5]、事実、1971年から2000年までの30年間のデータをみても、雨が全く降らなかった日で10月9日が17回、10日が19回、11日が14回と、大きな差はないと読める[6]。
引用元:特異日 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E7%95%B0%E6%97%A5