植物と別名・正式名「プリメリア」インドソケイ「アオダモ」コバノトネリコ「ハナミズキ」ドッグウッド 「トラノオ」サンセベリア・ローレンチ「ミリオンバンブー」ドラセナ・サンデリアーナ「ホンコンカポック」シェフレラ・アルボリコラ

103uBHBfDVmcG
次の植物と、その別名の
正しい組み合わせを選びなさい
プルメリア───インドソケイ
アオダモ───コバノトネリコ
ハナミズキ───ドッグウッド
メタセコイア───アケボノスギ

CIMG6070
次の観葉植物と正式な名前の
正しい組み合わせを選びなさい
トラノオ───サンセベリア・ローレンチ
ミリオンバンブー───ドラセナ・サンデリアーナ
ホンコンカポック───シェフレラ・アルボリコラ


次の植物とその和名の正しい組み合わせを選びなさい
アガパンサス───ムラサキクンシラン
アルファルファ───ムラサキウマゴヤシ
ライラック───ムラサキハシドイ

インドソケイ (Plumeria rubra) はインドソケイ属に属する落葉樹である[2]。属名からプルメリアとも呼ばれる。原産地は中米であるが、亜熱帯・熱帯で広く栽培されている。樹高・樹幅ともに7–8 m程度になり、夏から秋にかけて白い芳香のある花をつける。
引用元: インドソケイ – Wikipedia.

アオダモ(青梻、学名:Fraxinus lanuginosa f. serrata)とはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹である。雌雄異株。別名:コバノトネリコ、アオタゴ。
アオダモのアオの由来は雨上がりに樹皮が緑青色になること、枝を水に浸けて暫くすると水が青い蛍光色になること、高級感を出すために黒墨に加えて青墨を作るための着色剤として利用されたこと、青い染料に利用されたことによるといわれる。
引用元: アオダモ – Wikipedia.

⑤名前の由来:「小葉のトネリコ」の意で、トネリコに似ているが、葉が小さいことから。別名のアオダモは、枝を水に浸けておくと水が青い蛍光色になることからきた。
引用元: 葉と枝による樹木検索図鑑-葉の解説-コバノトネリコ.

ハナミズキ(花水木、学名: Cornus florida)は、ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木。別名、アメリカヤマボウシ[1]。
ハナミズキの名は、ミズキの仲間で花が目立つことに由来する。また、アメリカヤマボウシの名は、アメリカ原産で日本の近縁種のヤマボウシに似ていることから。
引用元: ハナミズキ – Wikipedia.

アメリカヤマボウシはアメリカ産のヤマボウシ、ハナミズキは花のきれいなミズキという意味合いです。ヤマボウシ〔Cornus kousa〕は日本にも分布する落葉樹で、庭木などに利用されます。花の姿も似ていますが、ヤマボウシは苞の先端がとんがるので花どきは容易に見分けが付きます。英名はドッグウッド(dogwood)もしくはフラワリング・ドッグウッド(flowering dogwood)です。これは木を煎じた液で犬の皮膚病を治療した事にちなむと言われています。また他の説として、dogは古英語で短剣を意味するdaggeのことで、材質が固く武器などに利用されたからだとも言われます。
引用元: ハナミズキとは|ヤサシイエンゲイ.

ドラセナ属(ドラセナぞく、学名Dracaena)は、スズラン亜科の属の一つで、原種および分布はアフリカ全土、ギニア北部を中心とした亜熱帯地域である。リュウケツジュ(竜血樹)属ともいう。この属の植物の中には、葉が美しく観葉植物として栽培されるものが多くある。
>近年において園芸店や雑貨店などで見かける「ミリオンバンブー」の商品名で売られている物は、タケ亜科の仲間ではなく、葉を取り除き幹状態にしたドラセナ属のサンデリアーナDracaena sanderiana(和名ギンヨウセンネンボク)である。挿し木を水にさすだけで根が出るため非常に育てやすく、安価で気軽に飼育できる人気種である。
引用元: ドラセナ属 – Wikipedia.

サンセベリア(学名:Sansevieria trifasciata)は、スズラン亜科(新エングラー体系などではリュウゼツラン科、APG IIIではクサスギカズラ科)サンセベリア属の多年草。和名はアツバチトセラン(厚葉千歳蘭)。別名、チトセラン、トラノオ(トラノオラン)。適切な読み方ではないが、慣用的にサンスベリアとも呼ばれる。
引用元: サンセベリア – Wikipedia.

シェフレラは熱帯アジア・オセアニアにおよそ150種が分布します。その中でもシェフレラ・アルボリコーラとその園芸品種が、観葉植物として広く親しまれています。園芸では単に「シェフレラ」と言うと、本種を指すことが多いです。名前はドイツの植物学者シェフラーにちなみます。
>メジャーでおそらく最も普及しているであろう園芸品種に、’ホンコン’があります。ホンコンカポックとも呼ばれ、葉に厚みと丸みがあるのが特徴です。節も詰まってバランスよく茂り鉢植えに向きます。葉の中央に黄色い斑が入り、見た目が明るいフイリホンコンカポックも広く出回っています。
引用元: シェフレラ(カポック)とは|ヤサシイエンゲイ.