LMNA遺伝子の変異

次の文字列を順に選んで
早老症の一つである
病名にしなさい
ハッチンソン
ギルフォード
プロジェリア
症候群
33%

ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群(ハッチンソンギルフォードプロジェリアしょうこうぐん、Hutchinson-Gilford Progeria Syndrome (HGPS ) )は、先天的遺伝子異常を原因とする早老症のひとつ。

定義
ハッチンソン(Jonathan Hutchinson)が初めて臨床報告し、その後ギルフォードによりギリシャ語の「早すぎる老化」に由来する「プロジェリア (Progeria)」 を冠して命名された。 一般的には、プロジェリア症候群(プロジェリアしょうこうぐん Progeria Syndrome)ないしプロジェリア(Progeria)の通称で、広く知られている。

概念
新生児期ないし幼年期に好発して、全身の老化が異常な速度で進行する早老症疾患である。ウェルナー症候群とともに主要な早老症のひとつとされ、発生頻度が低い症例ではあるものの、人体の老化のメカニズム解明へのカギを持つ症例と目されることが多く、研究対象となることは多い。
引用元:ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AE%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%82%A2%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4

Hutchinson-Gilford progeria syndrome is a genetic condition characterized by the dramatic, rapid appearance of aging beginning in childhood. Affected children typically look normal at birth and in early infancy, but then grow more slowly than other children and do not gain weight at the expected rate (failure to thrive). They develop a characteristic facial appearance including prominent eyes, a thin nose with a beaked tip, thin lips, a small chin, and protruding ears. Hutchinson-Gilford progeria syndrome also causes hair loss (alopecia), aged-looking skin, joint abnormalities, and a loss of fat under the skin (subcutaneous fat). This condition does not affect intellectual development or the development of motor skills such as sitting, standing, and walking.

Causes
Mutations in the LMNA gene cause Hutchinson-Gilford progeria syndrome. The LMNA gene provides instructions for making a protein called lamin A. This protein plays an important role in determining the shape of the nucleus within cells. It is an essential scaffolding (supporting) component of the nuclear envelope, which is the membrane that surrounds the nucleus. Mutations that cause Hutchinson-Gilford progeria syndrome result in the production of an abnormal version of the lamin A protein. The altered protein makes the nuclear envelope unstable and progressively damages the nucleus, making cells more likely to die prematurely. Researchers are working to determine how these changes lead to the characteristic features of Hutchinson-Gilford progeria syndrome.
引用元:Hutchinson-Gilford progeria syndrome – Genetics Home Reference – NIH https://ghr.nlm.nih.gov/condition/hutchinson-gilford-progeria-syndrome#definition

LMNAは、ヒトではLMNA遺伝子にコードされるタンパク質である。ラミンA/Cとしても知られ[5][6][7]、ラミンAやラミンCはこのLMNA遺伝子から発現する。ラミンA/Cはラミンファミリーに属する。

臨床的意義

野生型(左)と変異型(右)のラミンAのIgフォールド。PDB 1IFR。通常アルギニン527番残基(青)はグルタミン酸537番残基(マゼンタ)と塩橋を形成しているが、R527L置換によってこの相互作用は破壊される(ロイシンは短すぎでグルタミン酸まで到達できない)。表面モデル(上)とリボン図(下)表示[11]。
LMNA遺伝子の変異は、エメリー・ドレフュス型筋ジストロフィー(英語版)、家族性部分型リポジストロフィー(英語版)、肢帯型筋ジストロフィー(英語版)、拡張型心筋症(英語版)、シャルコー・マリー・トゥース病、拘束性皮膚障害(英語版)を含む、いくつかの疾患と関係している。切り詰められた形のラミンA変異体は一般にプロジェリンとして知られ、ハッチンソン・ギルフォード・プロジェリア症候群を引き起こす[12][13]。これまでに多数のSNPが知られている[14]。これらによって、mRNAやスプライシング、またはタンパク質のレベル(Arg471Cys[15]、Arg482Gln[16]、Arg527Leu[17]、Arg527Cys[18]、Ala529Val[19]など)で変化が生じる。
引用元:LMNA – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/LMNA