【産業】パラ【観葉】インド

現在、一般的に観葉植物として
販売されている「ゴムノキ」は
アラビアゴムノキである
×(答)
46%

ゴムノキ(ゴムの木)とは、ラテックス(ゴム質を得ることのできる樹液)などからゴムを資源として採取できる樹木の総称である。したがって、様々な種類が存在する。

種類
日本では単にゴムノキと言ったときに、産業的には天然弾性ゴムの原料として重要なパラゴムノキを意味することが多いが、家庭では、観葉植物として広く流通し、普及しているインドゴムノキを指すことが多い。

栽培条件
年中高温多湿の気候であることこそが、ゴムノキの栽培に適した自然条件といえる。適温は24~27度程で、相対湿度は75~85%がよい。雨量は多くしかも乾期が無いことが望ましく、毎月125ミリ以上の降雨のあることが好条件である。ゴムノキは肥沃かつ排水の良い土壌を好みはするものの、この点ではかなりの悪条件にも耐えられて、痩せたラテライトの土地や、排水の悪い湿地のような場所でも生育し得る。ただし、ゴムノキは風に対する抵抗力が低いので、強風を避けることも考慮しなければならない。

なお、ゴムノキが丘陵地や斜面を好むというのは、マレーシアで生まれた誤解である。マレーシアでゴムノキのプランテーションが発達した頃までには、すでに沖積地は水田として利用されていたため、マレーシアにおけるゴム農園の大部分が波状の台地や丘陵地に作られた。このことが原因で、丘陵地や斜面を好むという誤解が生まれたのである。
引用元:ゴムノキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%82%AD

トウダイグサ科の熱帯高木で,南アメリカのアマゾン流域の原産であるが,現在では東南アジアで栽培されている。高さ 30mぐらいになり,幹周 2m以上に達する。葉は互生し,3出複葉で小葉は長さ 10cm前後の楕円形である。花は単性で雌雄異株,円錐花序をなし,先端に雌花,その下部に雄花をつける。果実は堅い木質の 蒴果で3室に分れ,各室に1個の種子がある。幹内の乳管から分泌される乳液をラテックスと呼び,弾性ゴムの原料となる。熱帯地方にはゴム質を含む植物は多いが,品質,含有量の点で本種にまさるものはない。マレーシアを中心に大規模に栽培されるゴムノキはほとんどがこのパラゴムノキである。種子に含まれている油はペンキやワニスの原料となる。
引用元:パラゴムノキとは – コトバンク https://kotobank.jp/word/%E3%83%91%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%82%AD-116574

インドゴムノキは、インド北部からマレー半島原産の常緑高木で、イチジクやベンジャミンと同じクワ科イチジク属(Ficus)に属します。かつてはこの木の樹液から天然ゴムを採取していましたが、質が悪いため、現在ではゴムの採取には、もっぱらトウダイグサ科のパラゴムノキが利用されています。両種とも単に「ゴムノキ」と呼ぶ場合があるので混同しないように注意します。
引用元:インドゴムノキの育て方|住友化学園芸 https://www.sc-engei.co.jp/cultivation/details/92.html

パラー州・ベレン

悠久の大河アマゾンの河口に近い赤道直下のパラー州ベレン市は,人口約150万人,ブラジル北部第二の都市であり,2016年には市政400周年を迎える。マンゴの街路樹が続く美しい街並みやユネスコ世界無形遺産に登録された宗教行事「ナザレの大祭」(10月第二日曜日)でも有名である。この町が最も繁栄したのは,アマゾン地域が空前のゴム景気に沸いた,19世紀後半から20世紀初頭にかけてで,リオやサンパウロより30年以上前の1878年に落成したネオ・クラッシック様式のオペラハウス・平和劇場が,往時を今に伝えている。
引用元:パラー州・ベレン | 日本ブラジル中央協会 WEB SITE https://nipo-brasil.org/archives/5711/

パラー州/ブラジル連邦(れんぽう)共和国/昭和54年11月5日
ウィスコンシン州/アメリカ合衆国(がっしゅうこく)/平成2年5月21日
1990年に姉妹県州となって以来、互(たが)いに友好使節団(ゆうこうしせつだん)を派遣(はけん)しています。
引用元:世界とのつながり/千葉県 https://www.pref.chiba.lg.jp/kouhou/kids/chi-bakun/sorakara/sekai/index.html