イヌマキ、サルナシ

次の文字列を組み合わせて
植物の名前にしなさい
イヌ───マキ
クマ───イチゴ
ウサギ───ギク
ネコ───ノメソウ
サル───ナシ
43%

イヌマキ(犬槇、学名:Podocarpus macrophyllus)は、マキ科マキ属の常緑針葉高木。日本(関東〜四国、九州、沖縄)および台湾の比較的暖かい地域に分布する。

特徴
高さ20 mほど。樹皮は白っぽい褐色で、細かく薄く縦長に剥がれる。茎は真っ直ぐに伸び、枝先は上を向くが、大木になると枝先は下垂する。葉は細長いが、扁平で主脈がはっきりしており、いわゆる針葉樹の葉には見えない形をしている。

人間との関わり
利用
庭木としてよく植栽され、庭園などにも植栽される。庭木としては北アメリカ南部でも利用され、クサマキや “buddhist pine”、”fern pine” などと呼ばれる。中華人民共和国では縁起物として人気があり、日本から輸出されてきた(ただし中国政府が根についた土による病虫害リスクに対して検疫基準を見直すことを表明し、2019年10月から輸出が止まっている)[2]。

防火・防風・防音の機能を有する樹種(防火樹・防風樹・防音樹)としても知られる[3]。そのため屋敷林や畑の防風林に用いられる。
引用元:イヌマキ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E3%83%9E%E3%82%AD

クマイチゴ(熊苺、Rubus crataegifolius)はバラ科キイチゴ属に分類される落葉低木。

特徴
根は地下を横に這い、あちこちから地上に茎を伸ばす。茎は1-3mに達し、直立するか傾斜する。木質化するが太くは育たない。キイチゴ属の中では大型なほうである。茎は赤紫色で赤黒っぽい斑点があり、毛がなくて刺が多い。葉には長さ2-5cmの葉柄があり鉤形の刺をもつ。葉身は広卵形でややモミジ状に裂け、表面には伏毛があり、裏面の葉脈には刺がある。

花期は4月~6月、白い径1-1.5cmのノイバラ状の花で、短い枝先に数花が集まって咲く。果実は6月ごろに赤く熟し食用になる。
引用元:クマイチゴ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4

ウサギギク(兎菊、学名:Arnica unalascensis var. tschonoskyi)は、キク科ウサギギク属の多年草。高山植物。

本州中部以北・北海道・千島列島・アリューシャン列島の亜高山帯から高山帯に分布、草原地帯に生育する。茎は単一で直立しており、高さは20-30cm。葉は対生でへら形。花期は7-8月で、黄色い花を一輪つける。別名キングルマ(金車)。

ウサギギクの和名は、葉の形がウサギの耳を思わせることに由来する。基本変種はエゾウサギギク A. unalascensis var. unarascensis である。
引用元:ウサギギク – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%B5%E3%82%AE%E3%82%AE%E3%82%AF

ネコノメソウ(猫の目草、学名:Chrysosplenium grayanum)は、ユキノシタ科ネコノメソウ属の多年草[2][3][4][5][6]。別名、ミズネコノメソウ[1]。

名前の由来
和名ネコノメソウは、「猫の目草」の意で、果実が深く細く裂開したようすが、瞳孔が縦に狭くなった昼間のネコの目に似ていることにちなむ[2][3][5][6]。

種小名(種形容語)grayanum は、アメリカ合衆国の植物学者、エイサ・グレイへの献名[3]。
引用元:ネコノメソウ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%A1%E3%82%BD%E3%82%A6

サルナシ(猿梨、学名:Actinidia arguta)はマタタビ科マタタビ属の雌雄異株または雌雄雑居性のつる植物で、落葉性植物。別名:シラクチカズラ、シラクチヅル。果実はコクワとも呼ばれる。

利用
熟した果実は、果実酒などに使用したり、ミニキウイ(あるいは、キウイベリー、ベビーキウイ[4]、デザートキウイ、カクテルキウイなど)と呼ばれて生食されたりする。この他、ジュース、砂糖漬けなども商品化されている[5]。
引用元:サルナシ – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%8A%E3%82%B7