アメイジア大陸【太平洋縮小】パンゲア・ウルティマ【大西洋縮小】

約2億5000万年後に太平洋が
閉じて形成されるとされる大陸は
アメイジア大陸である
◯(答)
60%

2016年 8月 4日
国立研究開発法人海洋研究開発機構

2億5000万年後までに日本列島を含んだ超大陸アメイジアが
北半球に形成されることを数値シミュレーションにより予測
~大陸移動の原動力の理解へ一歩前進~
1.概要

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)地球深部ダイナミクス研究分野の吉田晶樹主任研究員は、大型計算機システムを用いた地球のマントル対流の三次元高解像度数値シミュレーションによって、現在から約2億5000万年後までには、北半球を中心とした新しい超大陸(アメイジア)が形成される可能性があることを明らかにしました。

1990年代初頭から、現在のプレート運動の様子や地質学的な情報から、将来、北半球に新しい超大陸「アメイジア」(※1)が誕生することが提唱されてきましたが、今回、マントル対流の高解像度の数値シミュレーションによってアメイジアの誕生を確認し、その形成メカニズムを解明しました。

本研究のシミュレーション結果から2億5000万年後までには、北半球に現在のユーラシア、アフリカ、オーストラリア、北アメリカ大陸を中心とする超大陸が形成されることが明らかになりました。また、日本列島は、北半球に留まるユーラシア大陸と南半球から高速で北進するオーストラリア大陸の間に挟まれ、新しい超大陸の一部となることも予測されました。
引用元:2億5000万年後までに日本列島を含んだ超大陸アメイジアが北半球に形成されることを数値シミュレーションにより予測 ~大陸移動の原動力の理解へ一歩前進~<プレスリリース<海洋研究開発機構 | JAMSTEC http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20160804/

アメイジア  
[Amasia]
2018/03
川上紳一
プレート運動によって、2億年後に形成されるとされる未来の超大陸のこと。ノヴォパンゲア大陸(Novopangea)ともいう。現在のプレート運動が今後も続くとすると、北アメリカ大陸とアジア大陸を隔てている太平洋は縮小し、やがて2つが合体して大きな大陸となる。オーストラリア大陸やアフリカ大陸は徐々に北上を続けており、これらの大陸も合体するものと考えられる。
こうした予測に対し、過去の大陸移動の歴史から別の超大陸の出現を予測する研究者もいる。現在の大西洋は、古生代末に出現した超大陸パンゲアが分裂してできた新しい海洋である。さらに過去に遡ると、パンゲア大陸の形成前にヨーロッパと北アメリカの間には海洋が存在していたことが知られている。この海洋はイアペタス海(Iapetus Ocean)、あるいは古大西洋と呼ばれている。イアペタス海は、ゴンドワナ大陸との間にできた新しい海洋であるレイク海(Rheic Ocean)の拡大の影響を受けて、アヴァロニア地塊と北アメリカ大陸が衝突して消滅した。その後、レイク海も狭まってパンゲア大陸(Pangea)の形成へと至る。このように、北アメリカ大陸とヨーロッパは、衝突と分裂を繰り返してきたことから、将来的にヨーロッパとアフリカの西海岸に沿ってプレートの沈み込み帯ができて、現在の大西洋は縮小に向かい、やがてこれらの大陸が集まって超大陸が形成されるというわけである。この説で形成されるとされる3億年後の超大陸は、次世代のパンゲア大陸という意味のパンゲア・ウルティマ大陸(Pangea Ultima)や、パンゲア・プロキシマ大陸(Pangea Proxima)と名づけられている。
引用元:アメイジア | 時事用語事典 | 情報・知識&オピニオン imidas – イミダス https://imidas.jp/genre/detail/K-121-0156.html

アメイジア大陸(アメイジアたいりく、Amasia)もしくはノヴォパンゲア大陸(ノヴォパンゲアたいりく、Novopangea/Novopangaea)は、プレートテクトニクスにおいて、現在より約2億5000万年後までに地球に出現する可能性があると考えられている超大陸の一つ[1]。アメイジアは「アメリカ」と「アジア」を繋げたもので、ノヴォパンゲアは「新しいパンゲア」の意味である。パンゲア大陸とは2億年以上前に存在したとされる超大陸で、現在の大陸に分裂したとされる。

他の予想[編集]
アメイジア大陸とは逆に、現在は拡大している大西洋が縮小に転じ消滅するような形で超大陸が形成されるという説もあり、この超大陸はパンゲア・ウルティマ大陸またはパンゲア・プロクシマ大陸と呼ばれている。

さらに、太平洋と大西洋が共に消滅し、それを補うため、ユーラシアが新たなプレート境界により東西に分裂しその間に新たな大洋ができるという説が、2018年に発表された[9]。この超大陸はオーリカ大陸(インドネシア語版)と呼ばれる。
引用元:アメイジア大陸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%A4%A7%E9%99%B8

パンゲア・ウルティマ大陸(パンゲア・ウルティマたいりく、Pangaea Ultima)とは、約2億5000万年後から約4億年後にかけて形成されると考えられている超大陸の形態の一つである。名前は過去の超大陸であるパンゲア大陸に倣ったもので、「最後のパンゲア」「最終的なパンゲア」の意味。パンゲア・プロクシマ大陸(パンゲア・プロクシマたいりく、Pangea Proxima、「次のパンゲア」)と呼ばれることもある。

超大陸の定義は明確ではないが、一般的に複数の陸塊が合体して一つの大きな大陸になったものを指す。中でも過去20億年の間に4回か5回、地球上の全ての(あるいはほぼ全ての)大陸が集まった超大陸が形成されたと推定されており、パンゲア・ウルティマ大陸もこの意味での超大陸である。
引用元:パンゲア・ウルティマ大陸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9E%E5%A4%A7%E9%99%B8

超大陸(ちょうたいりく)は、地球表面上において大陸とみなされる陸塊を1つ以上含む非常に広大な陸のことをいう。

一般に現在の大陸のうちの1つ以上を含む陸塊を指すが、どのような陸塊を大陸や亜大陸とするかの定義に曖昧さがあるため、超大陸の定義も曖昧である。

未来の超大陸[編集]
大陸は現在も移動を続けており、過去に周期的に超大陸が形成されてきたことから、数億年後には再び超大陸が出現すると予測されている。ただし、それがどのように形成されるかについては諸説ある。

アメイジア大陸
現在の東アジアを中心にユーラシア、オーストラリア、アメリカが衝突するという説。

パンゲア・ウルティマ大陸
アフリカがヨーロッパにめり込みながら大きく北上する一方、大西洋が再び縮小して北アメリカがアフリカ南部に衝突するという説。
引用元:超大陸 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%A4%A7%E9%99%B8

コメント

  1. 匿名 より:

    おおおおおおおおお