最年少受賞【医学生理学賞で】

1923年のノーベル生理学・医学賞
をインシュリンの発見により受賞
したのはジョン・マクラウドと
フレデリック・◯◯◯◯◯◯?
ッグジィガ
ュバセテン
バンディング(答)
30%

イギリスの科学者
核酸の塩基配列の解明
インシュリンの構造に関する研究
ノーベル化学賞を2度受賞
ソディ
サンガー(答)
ポランニー
ソルベー


イギリスの化学者
1921年にノーベル化学賞を受賞
アイソトープの命名者
アルファ崩壊・ベータ崩壊を発見
ソディ(答)


1958年と1980年の二度ノーベル化学賞を受賞したイギリスの生化学者はフレデリック・◯◯◯◯?
サンガー(答)

文字パネル
放射性元素の崩壊の研究や同位体の概念を提唱したことで1921年にノーベル化学賞を受賞したのはフレデリック・◯◯◯?
ソディ(答)

連想
ハンガリー出身の化学者
息子はノーベル物理学賞の受賞者
兄は有名な経済人類学者
暗黙知・層の理論等の概念を提唱
ポランニー(答)

連想
ベルギーの化学者
政治家としても活動
物理に関する国際会議に名を残す
無水炭酸ナトリウムの製造法
ソルベー(答)


膵臓が分泌するソマトスタチンは
インシュリンとグルカゴンの
分泌を抑制する働きがある
◯(答)
×促す
引用元:抑制 | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/43586/

フレデリック・バンティング(Frederick Grant Banting、1891年11月14日 – 1941年2月21日)は、カナダの医師、医学者。

インスリンの発見[編集]

1924年、チャールズ・ベスト(左)と
夏になると、バンティングは自分のアイデアを試し、犬の膵臓管を縛る手術を試してみたところ、膵臓が部分的に萎縮した。純粋な分泌物を高濃度で含むことが期待される膵臓は数週間後に切除された。抽出物を糖尿病の犬に投与すると血糖値が下がった。

数ヵ月の実験を経て、彼の方法が成功し、抽出物によって糖尿病の犬を生かし続けておけることが明らかとなった。彼は、その時夏季休暇を一緒に過ごしていたチャールズ・ベスト(英語版)に熱心に繰り返し語った。回想によると、幾人かはバンティングの実験は雑で妥当性を証明できないと非難したが、秋にはマクラウドと化学者のジェームズ・コリップ(英語版)によって研究がさらに進められた。犬の膵臓を用いた実験は非現実的であるとされ、すぐに牛の膵臓を用いるようになった。膵臓管を縛る方法も廃れ、膵臓から分泌物を抽出する方法に取って代わった。1921年から22年にかけて抽出物を得る方法が大きく改良され、抽出物はインスリンと名づけられた。

インスリンは当時の医学で最大の進歩の一つで、数ヶ月のうちに大量生産されるようになった。その結果、治療方法のなかった糖尿病に苦しむ世界中の数百万の人たちの寿命はすぐに大幅に伸びた。レオナルド・トンプソンは世界で初めてインスリンの摂取を受けた患者である。

1923年、バンティングとマクラウドはノーベル生理学・医学賞を受賞した。バンティングは、マクラウドよりもベストの方が賞に値すると信じていたため、賞金をベストと分けた。それを受けてマクラウドは、賞金をコリップと分けた。バンティングはカナダで初めての世界的な科学者として、国内で広く尊敬された。カナダ政府は彼に対して終身の研究費を与えた。1934年、ジョージ5世は彼にナイトの爵位を与えた。

1941年2月20日夜、イギリスに向かうために乗った飛行機(ロッキード ハドソン、T9449)がニューファンドランド自治領のニューファンドランド島で墜落して重傷を負い、翌日息を引き取った。
引用元:フレデリック・バンティング – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0

Sir Frederick Grant Banting KBE MC FRS FRSC[1] (November 14, 1891 – February 21, 1941) was a Canadian medical scientist, physician, painter, and Nobel laureate noted as the co-discoverer of insulin and its therapeutic potential.[2]

In 1923, Banting and John James Rickard Macleod received the Nobel Prize in Medicine.[3][4][5] Banting shared the honours and award money with his colleague, Charles Best. As of November 2018, Banting, who received the Nobel Prize at age 32, remains the youngest Nobel laureate in the area of Physiology/Medicine.[6] That same year, the Government of Canada granted Banting a lifetime annuity to continue his work.[7] In 1934, he was knighted by King George V.[8]
引用元:Frederick Banting – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Frederick_Banting

ジョン・ジェームズ・リチャード・マクラウド(John James Richard Macleod、1876年9月6日 – 1935年3月16日)は、スコットランド生まれの医学者である。1923年フレデリック・バンティングとともに、インスリンの発見によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。

1920年に、トロント大学の卒業生で、ウェスタン・オンタリオ大学の時間講師をしていたバンティングから、糖尿病を防ぐホルモンを抽出する実験がしたいと申し入れを受けた。マクラウドは結果に対しては懐疑的であったが、1921年にマクラウドが休暇でスコットランドに帰る8週間、研究室および実験用の10匹の犬を使用することと、医学生チャールズ・ベスト(英語版)を助手として使用することを認めた。この間にバンティングらは血糖を下げる有効物の抽出に成功した。抽出物はインスリンと名づけられた。休暇から戻ったマクラウドは彼らの成果を見て、研究室の総力を挙げて研究に取り掛かることとし、生化学に詳しいジェームス・バートラム・コリップ(en)をチームに加えた。1921年から22年にかけて、インスリンを大量に抽出する方法を開発した。また、1922年には糖尿病で瀕死の少年にイヌインスリンを投与し、命を救った。

1923年、マクラウドとバンティングは、インスリンの発見から2年という異例の速さでノーベル生理学・医学賞を受賞した。しかし、インスリンの発見はバンティングによるものであり、バンティングはマクラウドとの共同受賞に激怒したといわれる。バンティングはベストと賞金を分け合い、マクラウドもインスリンの精製に功績のあったコリップに賞金の半分を与えた。また同年マクラウドは王立協会フェローに選出された。
引用元:ジョン・ジェームズ・リチャード・マクラウド – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%89

奨励金の概要

バンティング博士研究員奨励金は、カナダ人および外国人の博士課程修了者に研究奨励金を給付し、受給者が優れた指導力を身につけ、将来の研究において中心的な役割を果たすための基盤を築き、高い実績を挙げてカナダの経済、社会、研究の発展に貢献することを目的としています。

本プログラムは、カナダ保健研究機構(CIHR)、カナダ自然科学・工学研究機構(NSERC)、カナダ社会・人文科学研究機構(SSHRC)の3つの連邦研究助成機関が運営するものです。

フレデリック・バンディング博士について

フレデリック・バンティング博士(Dr. Frederick Grant Banting)は、インスリンの発見により世界中の糖尿病患者に希望を与えたカナダ人医学者、研究者で、この功績により1923年にはノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この奨励金は彼を記念してバンティング博士研究員奨励金と命名されました。
引用元:国際奨学金・助成金プログラム:バンティング博士研究員奨励金 https://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/academic_relations_academiques/banting.aspx?lang=jpn

最年少ノーベル賞受賞者
マララ・ユスフザイ(2014年に17歳で平和賞受賞)
ローレンス・ブラッグ(1915年に25歳で物理学賞受賞)
フレデリック・バンティング(1923年に32歳で生理学・医学賞受賞)
フレデリック・ジョリオ=キュリー(1935年に35歳で化学賞受賞)
ラドヤード・キップリング(1907年に42歳で文学賞受賞)
エスター・デュフロ(2019年に46歳で経済学賞受賞)
引用元:ノーベル賞 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E