【水素】キャベンディッシュ【酸素】プリーストリー

次の元素とその発見者の
正しい組み合わせを選びなさい
酸素───プリーストリー
水素───キャベンディッシュ
塩素───シェーレ
窒素───ラザフォード
ゲルマニウム───ウィンクラー
ヘリウム───ロッキャー
42%



1766年に水素を発見した
イギリスの化学者は
ヘンリー・キャヴェンディッシュ
ですが

1772年に窒素を発見した
スコットランドの化学者は?
ハロルド・ユーリー
ジョゼフ・プリーストリー
ダニエル・ラザフォード(答)
ヘンリー・キャベンティッシュ
36%


酸素の発見者として知られる化学者・プリーストリーよりも前に酸素の存在を確認していた薬剤師はカール・○○○○?
シェーレ(答)
引用元:ダニエル・ラザフォード | 【QMA復習】 https://seethefun.net/%E7%90%86%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/40662/

水素(すいそ、羅: hydrogenium、仏: hydrogène、英: hydrogen)は、原子番号1の元素である。元素記号はH。原子量は1.00794[1]。非金属元素のひとつ。

ただし、一般的に「水素」と言う場合、水素の単体である水素分子(水素ガス)H2を指していることが多い。

歴史[編集]
1671年に、ロバート・ボイルが鉄と希硝酸を反応させて生じる気体が可燃性であることを記録している[1]。1766年、ヘンリー・キャヴェンディッシュが水素を気体として分離し、発見した。
引用元:水素 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0

ヘリウム (新ラテン語[2]: helium, 英: helium [ˈhiːliəm])は、原子番号2の元素である。元素記号はHe。原子量は4.00260。

名称[編集]
ノーマン・ロッキャーとエドワード・フランクランドが名づけた。「ヘリウム」とは、ギリシア語で太陽(ἥλιος)を意味する。当時、太陽を構成する元素だと考えられたためである[3][4][5]。
引用元:ヘリウム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%A0

窒素(ちっそ、英: nitrogen、羅: nitrogenium)は、原子番号7の元素である。元素記号はN。原子量は14.007。

一般に「窒素」という場合は、窒素の単体である窒素分子(窒素ガス)を指すことが多い。

名称[編集]
1772年に、ダニエル・ラザフォードが noxious air(有毒空気)と名付けた。その中に生物を入れると窒息して死んでしまうことにちなんでいる[1]。

カール・ヴィルヘルム・シェーレは、酸素を「火の空気」、窒素を「駄目な空気」と命名した。

アントワーヌ・ラヴォアジエは、フランス語で「生きられないもの」という意味のazoteと命名した。

窒素の英語名「nitrogenナイトロジェン」は、ギリシア語のνίτρον(硝石の意)とγενναο(「生じる」の意)に由来している[1]。

ドイツ語ではStickenシュティッケン(窒息させる)とStoffシュトフ(物質)を組み合わせてStickstoffシュティクシュトフと呼ばれており、日本語の「窒素」は、これを訳したものである[1]。
引用元:窒素 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%92%E7%B4%A0

酸素(さんそ、英: oxygen)は、原子番号8の元素である。元素記号はO。原子量は16.00。第16族元素、第2周期元素のひとつ。

名称[編集]

宇田川榕庵
スウェーデンの薬剤師、カール・ヴィルヘルム・シェーレが1771年に初めて見つけた[1]。しかし、これはすぐに公にされず、その後1774年にジョゼフ・プリーストリーがそれとは独立して見つけたあとに広く知られるようになった[4]。そのため、化学史上の発見者はプリーストリーとされている[5]。
引用元:酸素 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E7%B4%A0

ゲルマニウム(英語: germanium[3] [dʒərˈmeɪniəm])は原子番号32の元素。元素記号は Ge。炭素族の元素の一つ。ゲルマニウムの単体はケイ素より狭いバンドギャップ(約0.7 eV)を持つ半導体で、結晶構造はダイヤモンド構造である。

名称[編集]
1885年、ドイツのクレメンス・ヴィンクラーがアージロード鉱という銀鉱石からエカケイ素に当たる新元素を発見し、ドイツの古名ゲルマニア (germania) にちなんでゲルマニウムと命名した。
引用元:ゲルマニウム – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

塩素(えんそ、英: chlorine)は原子番号17の元素。元素記号はCl。原子量は35.45。ハロゲン元素のひとつ。

一般に「塩素」という場合は、塩素の単体である塩素分子(Cl2、二塩素、塩素ガス)を示すことが多い。ここでも合わせて述べる。塩素分子は常温常圧では特有の臭いを持つ黄緑色の気体で、腐食性と強い毒を持つ。

名称[編集]
1774年にスウェーデンのカール・ヴィルヘルム・シェーレが「脱フロギストン海塩酸気」と命名。

1810年にハンフリー・デービーが、気体が黄緑色である点から、ギリシャ語で「黄緑色」を意味するχλωρος(Chloros)を取ってchlorineと命名した。日本語に直訳すれば緑気(りょっき)である。

日本語の「塩素」は、食塩の主成分である点による命名である。
引用元:塩素 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0