Alevins,Fry,Parr,Smolt,Adult Salmon

サケが成長し海に下る頃に
体の斑点が消えて、体色が
銀色になる現象を何という?
モニグヨル
トアンサス
スモルト(答)
25%

スモルト(英語:Smolt)とは、サケ・マス類でパーマークなど特有の体色が薄くなると共に銀色になった個体のことで、「銀毛」(ぎんけ)「シラメ」とも呼ばれる。また、海水への適応が完了した稚魚のこと。ヒポキサンチンやグアニンなどの色素量の増加が外観上の変化を起こす。ヤマメでは「肥満度の低下」「背ビレや尾ビレの先端の黒化」などの形態的変化を併せて発現する。

その現象を「銀化変態」[1]、「スモルト化」[2]、「スモルト変態」[3](parr-smolt transformation)[4]と呼び、海水耐性(適応力)が発現していることを示す変化である。

海水耐性(適応)を獲得した魚では、鰓のATPアーゼ活性が高まり「血中ナトリウム濃度の調整」が出来るようになる。つまり、海水中で浸透圧調節が可能となることから、直接海水へ投入された場合でも高率で生存する。降海の目的は、河川と比較し圧倒的に豊富な海洋の餌を得る事にあるとされている。海洋生活では豊富な餌と、スモルト化に合わせて分泌される成長ホルモンの効果もあり、河川残留型の2-4倍の体長へと成長する。
引用元:スモルト – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%AB%E3%83%88