ムラサキキャベツ液色と性質 「赤色」酸性「紫色」中性「緑色」弱アルカリ性「黄色」強アルカリ性 「赤ピン村の緑黄色野菜」「赤ちゃんピンチで群がるミッキー」

340hngaDuEbZY
次のムラサキキャベツ液を
水溶液に加えた時に示した色と
その時の水溶液の性質の
正しい組み合わせを選びなさい
紫色───中性
黄色───強アルカリ性
赤色───酸性
緑色───弱アルカリ性


次の指示薬とアルカリ性の場合の色の正しい組み合わせを選びなさい
BTB溶液───アルカリ性で青
フェノールフタレイン溶液───アルカリ性で赤
ムラサキキャベツ溶液───アルカリ性で黄

次の指示薬と、酸性の場合の色の正しい組み合わせを選びなさい
BTB溶液───酸性で黄
フェノールフタレイン溶液───酸性で無色
ムラサキキャベツ溶液───酸性で赤

CIMG7036dG5VzlLsLpJy
pH指示薬のひとつ
カドミウムや金の検出剤
酸性なら無色
アルカリ性なら濃い桃色
リトマス試験紙
メチルレッド
フェノールフタレイン液(答)
メチルオレンジ

キャベツ(英語:Cabbage、Brassica oleracea var. capitata)、アブラナ科アブラナ属の多年草。野菜として広く利用され、栽培上は一年生植物として扱われる。
名前は英語に由来するが、さらにその語源はフランス語のcaboche(頭)から。別名の甘藍(かんらん)は中国語名の甘藍(ganlan)から、玉菜(たまな)は結球する性質に由来する。
>ムラサキキャベツ
赤キャベツとも。食用。見た目、特に色合いの美しさからサラダに用いられる。また、ムラサキキャベツの色素アントシアニンは、酸性やアルカリ性の水溶液に反応し変色するのでpH指示薬とすることができるほか、キャンディーやゼリーなどに赤紫色を発色させる着色料としてよく使用されている。
引用元: キャベツ – Wikipedia.

まとめ:
・ムラサキキャベツには酸性とアルカリ性によって色が変化する色素(アントシアン)が含まれています。 酸性は赤、アルカリ性は緑に変化します。
・自然界のものは中性のものが多く、人工的につくられたものは酸性かアルカリ性になることが多いです。
引用元: 中部電力|水のふしぎ – 子ども向け環境情報サイト「エコランド」.

紫キャベツ液  指示薬
紫キャベツ液が酸性、中性、アルカリ性に反応する色の覚え方は
「赤ピン村の緑黄色野菜」
と覚える酸性から順に赤、ピンク、紫、緑、黄色となる。
引用元: 紫キャベツ液 の反応の覚え方 | 周期表の覚え方 掲示板.

ムラサキキャベツ液の色のいい覚え方を思いついたので、ここに紹介しておきます。ディズニーランドではミッキーのパレードがありますが、ミッキーといっしょに歩くパレードのチームに参加したとしましょう。そのときのイメージを標語にすると、「参加チームは歩くミッキー」となり、これは「参(酸性)加(赤)チー(中性)ム(紫)は歩く(アルカリ性)ミ(緑)ッキー(黄)」と見事なゴロ合わせになってしまうのです。
引用元: ムンクの叫び |ムラサキキャベツ液.

ムラサキキャベツ液
赤ちゃんピンチで群がるミッキー
(強酸性、弱酸性、中性、弱アルカリ性、強アルカリ性の順に)あか(赤)ちゃんピン(ピンク)チでむら(紫)がるミッ(緑)キー(黄)
引用元: 語呂合わせ – Wikipedia.