sulforaphane【ブロッコリースプラウトブーム】

ブロッコリーにわずかに含まれる
がん予防に効果がある化合物
スルフォラファン(答)
11%

スルフォラファン (sulforaphane) とは、ブロッコリーに微量含まれるフィトケミカルの一種。体内の解毒酵素や抗酸化酵素の生成を促進し、体の抗酸化力や解毒力を高める。

性質[編集]
スルフォラファンはイソチオシアネートの一種でアブラナ科野菜の中でもブロッコリーなどに含まれる。通常、植物細胞内では前駆物質であるスルフォラファングルコシノレート (SGS) の状態で存在する。これが、咀嚼などによってミロシナーゼと反応し、加水分解されることでスルフォラファンに変化する。前駆物質であるSGSは熱に強く、水に溶けやすいが、スルフォラファンは揮発性。

研究[編集]
発見[編集]
がん予防の研究を専門とする米国ジョンズ・ホプキンス大学のポール・タラレーらは、さまざまな植物成分を調査した結果、ブロッコリーに含まれるスルフォラファンにがん予防効果があることを発見した[1]。

高濃度化[編集]
タラレーはその後もスルフォラファンの研究を継続し、スルフォラファンの高濃度化に取り組んだ。そして、ブロッコリーの品種を選抜し、特定品種の発芽3日目のスプラウトの状態が最適だと結論づけた。その発表により、米国ではブロッコリースプラウトブームが起こり、野菜コーナーに並ぶようになった。なおブロッコリースプラウトにおけるスルフォラファン含有量は成熟ブロッコリーの約7倍~品種によっては20倍にものぼるといわれている。
引用元:スルフォラファン – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%A9%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3

アメリカで生まれた「予防医学」という比較的新しい考え方だ。それは、ガンになってしまってから治療にあたるより、病気になる前にガンになりにくい体を作ろうというもの。食べ物に含まれる有用成分を積極的に摂取して、人の細胞が持っている自己防御機能をより活性化しようというものだ。新大統領オバマ氏も、この考え方がこれからのヘルスケア政策の要となるものと注目し、推し進め始めているという。 その「予防医学」を30年以上も前に提唱。半生をかけた研究で、ブロッコリーからガンに効く成分を発見。そして、さらにその成分を多く含む健康食品を開発した、予防医学の権威、ポール・タラレー博士に、そのメカニズムを説明していただいた。

ブロッコリーからスルフォラファンの発見。

昔から、野菜はヘルシーとされ、既に、野菜をたくさん食べる人はガンになりにくい、という統計がありました。それに注目して、いろいろな野菜の中の成分を調べ、ガンの予防をする酵素を増やす成分は何であるのかを突き止める研究をしました。すると、キャベツ、カリフラワー、青梗菜、かぶ、そしてブロッコリーなど、アブラナ科の野菜はガン予防効果が高い、ということが分かりました。さらに、ブロッコリーに特に多く含まれているスルフォラファンが、人間の体内でガンを予防する酵素の生成を促す、ということが分かったのです。1992年のことでした。
引用元:Vol.91 時代を飾るキーパーソン 医科大学名誉教授Paul Talalayさん – アメリカで生まれた「予防医学」という比較的新しい考え方だ。それは、ガンになってしまってから治… http://e-square.co.nz/content/view/838/53/

Paul Talalay (31 March 1923 – 10 March 2019)[1] was the John Jacob Abel Distinguished Service Professor of Pharmacology and Director of the Laboratory for Molecular Sciences at Johns Hopkins School of Medicine in Baltimore. He is the founder of The Brassica Chemoprotection Laboratory for the study of edible plants that induce protective enzyme activity in the body and may help prevent the development of cancer.

Talalay’s career was devoted to cancer research and the achievement of early protection against cell damage. A pioneer in the field of chemoprotective research strategies, Talalay and his colleagues devised simple cell culture methods for detecting phytochemicals which appear to boost enzymes that detoxify carcinogens in the body. This work led to the isolation of sulforaphane, found in broccoli, as a potent inducer of detoxifying phase two enzymes. These findings, published in 1992,[4] attracted worldwide attention as a major breakthrough in understanding the potential link between cruciferous vegetable consumption and reduced cancer risk.[5]
引用元:Paul Talalay – Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/Paul_Talalay

そこで、「スプラウト王国」なるHPを持つ株式会社村上農園に問い合わせると……。
「もともと日本で『スプラウト』という言葉を初めて使ったのは、1999年。当社が発売したブロッコリーとマスタード、クレス、レッドキャベツの4種の『スプラウトシリーズ』が最初だったんですよ」

スプラウトとは、もともと「芽吹き野菜」のこと。英語の「スプリング=春、泉、芽を出す、芽吹く」から付けられた名前で、欧米の食文化をオシャレに伝えるために、日本の「発芽野菜」と区別して、日本でもこの名前を使ったのだそうだ。

ただし、この4種のうち、マスタード、クレス、レッドキャベツは欧米では昔から食べられていたポピュラーな野菜だが、ブロッコリーだけは「特別」なのだという。
「ブロッコリースプラウトは、1997年、アメリカのガン予防医学の権威が健康のために開発した新しい野菜です。これがアメリカでブームになり、日本でも広げたいと思い、日本のライセンスをとったんですよ」
引用元:スプラウトが近年、急に増えてる理由 (2007年12月25日) – エキサイトニュース https://www.excite.co.jp/news/article/00091198510629/